ニュース
» 2020年01月21日 07時00分 公開

昆布漁では“2年目の昆布”を採るのはなぜか?

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
photo ニッポン放送「鈴木杏樹のいってらっしゃい」

 昆布は海で生活して成長する藻、『海藻』の仲間です。胞子によって繁殖します。昆布を始めとする海藻の根の部分は、栄養を吸収するためではなく岩にくっつくためのものです。

 世界には約2万種類の海藻類があると言われています。そのなかで食用にされるのは、昆布に代表される黒みがかった茶色…『褐色』をした藻に多く、その数は全部で約50種類です。昆布漁が行われる季節は7月中旬〜9月中旬までで、昆布が1日で干し上がるような晴天の日にだけ行われます。

 私たちが普段食べている昆布は、“生まれてから2年目のもの”だそうです。1年目の昆布は成長を続けた後、1度枯れてしまいますが、残った根元の部分から再び成長を始めます。そのため1年目のものに比べて大きく、厚みがあって味のいい昆布になるそうです。昆布漁はこの“2年目の昆布”を食用として採っています。

 私が好きな昆布に『まつのはこんぶ』があります。大阪にある日本料理と名物のすっぽん鍋で知られる料亭、『花錦戸(はなにしきど)』の一品です。

 松の葉のように細かく刻んだ昆布を、すっぽんの出汁で炊き上げたもので、山椒の風味が加わっています。そのままでも、ご飯と一緒にいただいてももちろん美味しいですが、ステーキにワサビと一緒に『まつのはこんぶ』を乗せても美味しいです。

鈴木杏樹のいってらっしゃい

毎週月曜〜金曜 07:37 -07:41

radikoのタイムフリーを聴く


Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」