ニュース
» 2020年01月21日 10時45分 公開

かっけぇぇぇ! 写真で見る「メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR」 ニュル北市販FF最速車 (1/2)

あのシビック タイプRやゴルフ GTIクラブスポーツSの記録を超えたやつです。【写真62枚】

[松本健多朗,ねとらぼ]

 ルノー・ジャポンが2020年1月、ニュルブルクリンク北コースの量産FF車最速記録を更新したモンスターマシン「メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR」を発売しました。

ルノー「メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR」(写真:ルノー、以下同) メガーヌ「ルノー・スポール トロフィーR」(写真:ルノー、以下同)

 メガーヌは、日本市場で5ドアハッチバックと5ドアステーションワゴン(スポーツ・ツアラー)を展開。今回のメガーヌ ルノー・スポール トロフィーRは、ハッチバックのスポーツグレード「メガーヌ ルノー・スポール」をベースに同社がモータースポーツ活動で培った技術やノウハウで徹底チューニングしたという超高性能スポーツモデルです。

 エクステリアは、カーボンボンネットや19インチ鍛造ホイール「フジライト」を採用して徹底して軽量化。フロントバンパー下とシャシー下面にフェアリング(カバー)を施し、F1タイプのカーボン製リアディフューザーを搭載することで、ハコ車ながらノーマルのメガーヌ ルノー・スポール比で2倍のダウンフォースを発生するとしています。

ルノー「メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR」 2019年4月に(新生)ニュル北のFF市販車最速ラップタイムを更新したメガーヌ ルノー・スポール トロフィーR

 インテリアもスパルタンです。サーキット走行におけるホールド性や安全性はもちろん、一般道での利便性も考慮した「サベルト製モノコックレーシングシート」を備えつつ、リアシートを撤廃して軽量化。リアにフレーム剛性を高める太いタワーバーをドカンと通しつつ、サーキット走行で楽しむことを意識してホイールを4本積載できるよう工夫し、利便性も高めています

ルノー「メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR」の内装 スパルタンな、メガーヌ ルノー・スポール トロフィーRの内装
後席を無くし、4本のホイールが積載可能 後席はスッキリ排除してして軽量化

 パワートレインは、1.8リッター直列4気筒直噴ターボエンジンと6速MTの組み合わせで最高出力300馬力(220kW)、最大トルク40.7kgf-m(400Nm)と強力なパワーを発生します。エンジンはベースモデルのメガーヌ ルノー・スポールと同じながら、ターボチャージャーにF1でも使わるセラミックボールベアリング仕様のユニットを採用。停止から時速100キロまで5.4秒で加速し、最高速度は時速262キロに達します。

 この他の足回りやシャシーの特別チーニングとともにドイツのニュルブルクリンク北コースで2019年4月、7分40秒100のラップタイムを記録。当時の量産FF車最速タイムを更新しました。

 メガーヌ ルノー・スポール トロフィーRの走行性能をさらに煮詰めた「メガーヌ ルノー・スポール トロフィー R カーボン・セラミックパック」も限定で登場。ゴールドカラーのブレンボ製カーボンセラミックブレーキディスクとカーボンホイールなどを備え、949万円(税込、以下同)で抽選販売しました。

ルノー「メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR‘カーボン・セラミックパック’」 より高性能ながらかなり高額なカーボンブレーキを搭載した限定の“超ホットモデル”、ルノー「メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR カーボン・セラミックパック」

 メガーヌ ルノー・スポール トロフィーRの日本販売台数は限定47台で、購入申し込み受付順で販売。メガーヌ R.S. トロフィーR カーボン・セラミックパックは4台限定で抽選販売しました(抽選販売は既に終了)。価格はメガーヌ ルノー・スポール トロフィーRが689万円からです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.