ニュース
» 2020年01月11日 16時30分 公開

「メーカー各社も気合い入りまくりだぁぁ!」 ついに登場! 東京オートサロンで発表された注目の新型車まとめ (2/5)

[志田原真俊,ねとらぼ]

「シビック タイプR」「S660 Modulo X」に2020年モデル

 ホンダブースでは、マイナーチェンジを受けて2020年モデルとして発売される車種が多数展示しています。

東京オートサロン 新型車 2020 シビックタイプR(2020年モデル)

 これまではセダンのみが国内生産だった「シビック」は、英国工場の閉鎖に伴って、2020年モデルからハッチバックとタイプRも国内生産に移行します。中でも「シビック タイプR」は冷却性能とブレーキ性能を強化し、FF最速クラスと名高い走行性能に磨きをかけます。

 軽オープンスポーツ「S660」も内装や装備中心にマイナーチェンジ。目立つところでは純正アルミホイールのデザインが変わり、従来はブラックだったAピラーがボディー同色に。そして、鮮やかな緑の新色「アクティブグリーン・パール」が加わります。

 このほか、東京モーターショー2019で発表された新型「FIT」(関連記事)をスポーティーにした「Modulo X」のコンセプトモデルも展示。ブース説明員によると「(Modulo Xは)ほぼ完成している」そうです。

東京オートサロン 新型車 2020 FIT Modulo X

TOPに戻る

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.