ニュース
» 2020年01月21日 16時35分 公開

ブラッド・ピットとジェニファー・アニストン、SAG賞で待望の2ショット 笑顔で手を取り合う様子に「もう一度カップルに」の声も

一時は険悪な仲と報じられていた2人、15年の時を経て。

[城川まちね,ねとらぼ]

 1月19日(現地時間)に催された米映画賞の1つである第26回SAG Awards(全米映画俳優組合賞)の授賞式で、元夫婦である米俳優ブラッド・ピットと米女優ジェニファー・アニストンの再会が激写され、長年のファンを歓喜させています。

ブラッド・ピット ジェニファー・アニストン SAG Awards 嬉しそうに歩み寄る2人(画像はSAG AwardsのInstagramから)

 今回ブラッドは米俳優レオナルド・ディカプリオと共演し話題になった映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」で映画部門の助演男優賞を、ジェニファーはドラマ「ザ・モーニングショー」で主演女優賞を受賞。授賞式での2ショットはかなわなかったものの、バックステージでは再会し笑顔でハグをする様子がキャッチされました。

 おざなりの笑顔ではなく本当にうれしそうな2人、そして去り際ジェニファーの左手をブラッドが握る名残惜しそうな様子をとらえた写真に、SNS上では「こんなことが起こるなんて!」「もう一度カップルになってほしい」と興奮を抑えられない人が続出しました。そのほか、「人々は離婚するけど、必ずしも嫌いだからってわけじゃない」「彼女は許しているかもしれないけど忘れてはないと思う」と“2人は良い友人”と熟達した目線で眺める人、「このアカウントのバックには誰がいるんだ……」とあまりにもファンサービス旺盛な写真を投稿するSAG AwardsのTwitterアカウントにおののく人など、さまざまな反応が見られました。

ブラッド・ピット ジェニファー・アニストン SAG Awards 爆笑スピーチで会場を楽しませたブラピ(画像はSAG AwardsのInstagramから)
ブラッド・ピット ジェニファー・アニストン SAG Awards 見守るジェン(画像はSAG AwardsのInstagramから)

 ブラッドとジェニファーは2000年に結婚し、ジェニファーが主演していた人気海外ドラマ「フレンズ」にブラッドがゲスト出演するなど、多くの注目を集めるカップルとして人気を博していましたが2005年に離婚。ブラッドは同年公開された映画「Mr.&Mrs. スミス」で共演した米女優アンジェリーナ・ジョリーをパートナーとし6人の子どもを持ちながら2014年に再婚しましたが2016年に離婚を申請。ジェニファーの方は2015年に米俳優ジェスティン・セローと再婚し、2018年に離婚を発表しています。

 受賞スピーチの冒頭では「(この受賞歴を)ティンダーのプロフィールに付け加えないとね」とさもマッチングアプリを利用しているかのようなジョークを飛ばし会場を沸かせたブラッド。カメラはブラッドのスピーチを暖かく見守るジェニファーのアップを捉えるなど、ファンだけではなく各方面もが、今はお互いまたシングルとなった2人の再会に何かを期待するかのようなまなざしを注いでいます。

 さらにSAG AwardsのSNSではジェニファーの受賞する様子をバックステージのモニターで見るブラッドの動画も公開されています。暖かいまなざしで元妻を見つめながら、小さく「ワオ……」と漏らすブラッドの横顔にはなんだかきゅんとしてしまうほど。2人が今お互いをどのように思っているのかはもちろん本人にしかわからないことですが、時を経てとても「良い関係」を築いていることは確かなようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」