連載
» 2020年01月23日 18時00分 公開

「スター☆トゥインクルプリキュア」が“最高の子ども向けアニメ”である理由サラリーマン、プリキュアを語る(2/2 ページ)

[kasumi,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

絶対という価値観を使わない

 また、「スター☆トゥインクルプリキュア」のシリーズ構成、村山功氏は雑誌インタビューの中で「スター☆トゥインクルプリキュア」では「絶対」という言葉を使わないようにした、とも語っています。

初代の「プリキュア」の頃から多様性は一つのテーマでした。「絶対」はテーマと相反するのではないかと。特に今回は「相対」という形での多様性を描くと、明確に方針として打ち出しています。そのため、「絶対」という言葉は使わないようにしようと。「まほプリ」の時には、「あらためて『プリキュア』という作品を、小さな子にも分かるように描いてくれ」という命題があったので、プリキュアの決めゼリフにもよく使われる「絶対」は封じませんでしたが、今回は満を持してという感じです。
(引用:『アニメージュ』2020年1月号増刊「スター☆トゥインクルプリキュア」特別増刊号(徳間書店)P29)

 言われてみればスタプリの作中「絶対」という単語はほぼ聞いたことがありません(※第2話でララが「データは絶対ルン」と言っているとTwitterのフォロワーさんに教えてもらいましたが、これは「絶対」を否定するためのカウンターですね)。

 「絶対」ではなく「相対」を描いたこと、正解は1つじゃない。世界は善と悪の二元論ではない。これもスタプリが子どもに伝えたかった大切なことなのだと思います。

スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ 星奈ひかる 羽衣ララ 香久矢まどか 天宮えれな ユニ 第8話、ケンネル星では価値観の異なる異星人が描かれた

「想いを1つに」ではなく「想いを重ねる」

 また「個々人の尊重」は、プリキュアの決め技にも表れています。

 プリキュア5人と妖精フワの最大の決め技「プリキュア・スタートゥインクル・イマジネーション」を放つ際、妖精フワは「皆の想い!重ねるフワ〜!」と言います。

 「想いを1つに」ではなく「想いを重ねる」。

スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ 星奈ひかる 羽衣ララ 香久矢まどか 天宮えれな ユニ (中央上)ユニコーン形態となったフワ

 個々人の想いを1つにする、といういわば全体主義的な考えではなくて、個々人を尊重し、その「個々人の想いの集合体がスタプリ最大の決め技」になっているという点も、個人的には「スター☆トゥインクルプリキュア」の大好きな点でもあります。

 皆が同じ方向を向くのじゃなくて、それぞれ違う方向を向いている一つ一つの星が集まって、手をつなぎ星座になる。そんな個々人の集合体こそが「スター☆トゥインクルプリキュア」だったのだと思います。


子ども向けアニメとして最高だった理由

 「スター☆トゥインクルプリキュア」は、とにかく子ども向けアニメーションとして本当に真摯(しんし)に作られた作品だったと思います(もちろん大人にも最高でしたけどね!)。

 主人公の一人、星奈ひかるは、第1話で自分の部屋から望遠鏡をのぞき星空を見上げ空想にふけります。いわば自分の部屋が「世界の全て」でした。やがて羽衣ララと出会い、世界が広大な宇宙へと広がっていきます。自分の部屋が世界の全てだった女の子が宇宙を旅して、たくさんの価値観の異なる宇宙人と出会い、それと同時に、自分のできること、できないことを知り挫折しながらも、それでも大切な友達のために、自分のために想像力を働かせる。

スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ 星奈ひかる 羽衣ララ 香久矢まどか 天宮えれな ユニ 羽衣ララと出会い、星奈ひかるの世界は広がる

 これはいわば、「スター☆トゥインクルプリキュア」を見ている子どもたちへの鮮烈なメッセージになっているのだと思います。

 小さな子どもたちは、生まれて数年は「家庭」という閉ざされた空間で母親、父親などの家族に庇護(ひご)される「無敵の存在」です。やがて保育園、幼稚園など世界が広がり、友達ができ、そこで初めて他人との違いに触れ自分の弱さを知り、自分が「無敵の存在」ではないことを知るのです。

 そんなとき、どうするの?

 「スター☆トゥインクルプリキュア」はそれをぐう話的に子どもたちに示唆していたのだと思います。

 まずは、友達になろう。相手のことを理解してみよう。自分のことを伝えてみよう。

 あいさつからはじめよう。

 言葉なんか通じなくたって大丈夫。相手が自分と異なる姿でも大丈夫。

 指と触覚のタッチだけで星奈ひかると羽衣ララは最高の友達になれたでしょ?

 肌の色の違いなんて気にしないで。天宮えれなみたいに誰にでも笑顔であいさつしてみようよ。だから、肌の色の違う子とも関係なく友達になろうよ。

 幼稚園になじめない? 大丈夫。ユニは1人でも楽しくしていたよ。1人も楽しいよね。それも良いよね。だから、うまく周りになじめないお友達も大切なお友達だよ。

スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ 星奈ひかる 羽衣ララ 香久矢まどか 天宮えれな ユニ 前期エンディング「パペピプ☆ロマンティック」から

 やがて子どもたちの直面する現実が、少しでも良いものになるように。

 イマジネーションにあふれる世界は悪いものじゃない。

 イマジネーションがあるから、未来を想像することができる。

 「見えない壁を作らないで」

 「想像力から始まる」

 第1話からそれをずっと歌い続けた「スター☆トゥインクルプリキュア」。

スター☆トゥインクルプリキュア スタプリ 星奈ひかる 羽衣ララ 香久矢まどか 天宮えれな ユニ 前期エンディング「パペピプ☆ロマンティック」から

 子どもたちの幼年期の終わりに、想像力こそが世界を構築しているのだと伝えること。

 世界は誰かが作るものではなく、自分の中にあるイマジネーションでできていること。

 「描こう!ワタシだけのイマジネーション」

 それは未来へ進む子どもたちへの最大級の祝福なのです。

 そのような意味でも「スター☆トゥインクルプリキュア」は最高の子ども向け番組だったのだと僕は思います。

 もう。本当にこんなすっごいアニメを作っていただいたことに感謝です。

 イベントやおもちゃ売り場で楽しそうにしている子どもたちを何人も、何人も見ました。

 映画館やショーで一生懸命プリキュアを応援している子どもたちを何人も、何人も見ました。

 そこにはたっくさんのイマジネーションがあふれていました。

 「スター☆トゥインクルプリキュア」。

 すてきすぎる「キラやば〜☆」な作品を、ありがとうございます。


「スター☆トゥインクルプリキュア」
毎週日曜8時30分より
ABC・テレビ朝日系列にて放送中
(C)ABC-A・東映アニメーション


関連キーワード

プリキュア | アニメ | 東映



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声