コラム
» 2020年01月24日 10時30分 公開

「幅は1.7メートルだ。貴様は通れるか?」 最狭の険道「神奈川県道515号」、やっぱり絶対に通れなかった (1/4)

県道515号には、もっとすごい「門番の大ボス」がいた……!

[少年B,ねとらぼ]

 「酷道(こくどう)」をご存じでしょうか。道幅が狭かったり、路面が舗装されていなかったり、そもそも通行止めだったり……。一般的な国道(国が政令で指定した道路)というイメージからはかけ離れた国道のことを愛情と敬意を込めて示す言葉です。それと同様に、そんな状態の県道(都道府県が管理する道路)にも愛称があります。「険道(けんどう)」と呼ばれます。

筆者の知る限り、関東でいちばん狭い最大幅「1.7m」制限の規制標識 筆者の知る限り関東でいちばん狭い、県道515号の「幅1.7m制限」規制標識

 前回、「幅2メートル」の門番がいた、とても狭い“険道”「神奈川県道518号」を紹介しました。まるで「運転に自信がないヤツは立ち去れぃ」……と言われているかのように過酷な道でした(関連記事)

 しかし、実はもっとすごい道があります。今回は険道ファンの筆者が神奈川県の中で「最も過酷な県道の1つ」と思っている「幅1.7メートル(!)」の険道「神奈川県道515号三井相模湖線(以下、県道515号)」を紹介します。

「駐車絶対禁止」。行政とは思えない強い文章。次の退避所までの距離をわざわざ教えてくれる親切さ。この道路にはいったい何が……!? 「駐車絶対禁止」。赤字で「絶対禁止」とはよほどのこと。次の退避所までの距離をわざわざ教えてくれる親切さ。この道路には一体何あるのか……!?

完全に「別個の道路」と化した険道「神奈川県道515号」

 県道515号は、全線が神奈川県相模原市にあります。緑区三井(みい)の県道513号と同区千木良(ちぎら)の国道20号を結ぶ、全長7.5キロの県道です。

津久井湖の北側を回ります 津久井湖の北側を通る「県道513号」(赤線は筆者加工)

 起点の県道513号側から、津久井湖の北側を回って名手(なで)集落を目指します。問題なのはその先です。

 途中の名手〜赤馬(あこうま)集落間の約1.2キロは完全通行止めの廃道と化しています。県道515号は三井〜名手、赤馬〜千木良の2区間に分断されています。今回は通行止め区間を除き、法的に問題ない範囲で安全を常に確かめながら、この道を歩いて辿っていきます。

 起点は県道513号との接続地点。信号のない交差点です。

左側が県道515号だが、それを示すものはなにもない 左に行くと県道515号。それを示す標識類は何もない
この道が県道だと、誰が思うだろうか…… この林道のような、脇道のような道が神奈川県道515号

 印象は「細い脇道」。県道515号を示す標識はありません。

 しかし道幅制限標識の「すごい数字」に目を奪われました。

筆者の知る限り、関東でいちばん狭い最大幅「1.7m」制限の規制標識 筆者の知る限り、関東でいちばん狭い「幅1.7m制限」の規制標識

 入口に立っていた規制標識は何と「最大幅1.7メートル」。筆者が知る限りでは関東最狭値の標識です。幅1.7メートルまでだなんて、おい、うそ、だろ。

 前回「ヤベーくらいに狭い険道!!」と紹介した「神奈川県道518号」(関連記事)の規制値は「幅2メートル」でした。あの衝撃をさらに上回る狭さ! 幅1.7メートルだなんて、軽自動車(参考:幅1.48メートル以下)か二輪車くらいしか通れないだろ……(参考:5ナンバー枠の小型乗用車は幅1.7メートル以下。3ナンバーの普通乗用車はその幅を上回ることが多い)。

その先には一体何が!? 「険道515号」を歩いて確かめてみた

 では進入していきましょう。歩く速度でも徐々に道が狭〜くなっていくのが分かります。これ、クルマだったら怖いだろうなぁぁ。

最初は一般的な1.5車線道路ですが、奥に行くにつれて…… はじめはいくらか広い1.5車線道路ですが、奥に行くにつれて……
露骨に道が狭くなっていきます ズンと露骨に道が狭くなっていきます
筆者は10回切り返しても車庫入れできなさそうです かなり車庫入れが難しそうな道幅に

 途中の民家には自家用車が停まっていました。車庫入れの難易度はかなり高そうです。

 しかしこのくらいの幅ならばまだ序の口です。入口から約700メートル、カーブを越えると……一気に見える景色が変わります。ここが地獄の一丁目(?)……。ここから名手集落まで何があろうと前進するしかない道になります。

このカーブを過ぎると、一気に空気が変わります このカーブを過ぎると、一気に空気が変わる
一瞬広くなるが、すぐに狭まる道路幅 一瞬広くなるが、すぐに狭まる道路幅
再び現れた「最大幅1.7m」規制 再び現れた「最大幅1.7m」規制標識
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた