ニュース
» 2020年01月24日 10時30分 公開

「幅は1.7メートルだ。貴様は通れるか?」 最狭の険道「神奈川県道515号」、やっぱり絶対に通れなかった(1/4 ページ)

県道515号には、もっとすごい「門番の大ボス」がいた……!

[少年B,ねとらぼ]

 「酷道(こくどう)」をご存じでしょうか。道幅が狭かったり、路面が舗装されていなかったり、そもそも通行止めだったり……。一般的な国道(国が政令で指定した道路)というイメージからはかけ離れた国道のことを愛情と敬意を込めて示す言葉です。それと同様に、そんな状態の県道(都道府県が管理する道路)にも愛称があります。「険道(けんどう)」と呼ばれます。

筆者の知る限り、関東でいちばん狭い最大幅「1.7m」制限の規制標識 筆者の知る限り関東でいちばん狭い、県道515号の「幅1.7m制限」規制標識

 前回、「幅2メートル」の門番がいた、とても狭い“険道”「神奈川県道518号」を紹介しました。まるで「運転に自信がないヤツは立ち去れぃ」……と言われているかのように過酷な道でした(関連記事)

 しかし、実はもっとすごい道があります。今回は険道ファンの筆者が神奈川県の中で「最も過酷な県道の1つ」と思っている「幅1.7メートル(!)」の険道「神奈川県道515号三井相模湖線(以下、県道515号)」を紹介します。

「駐車絶対禁止」。行政とは思えない強い文章。次の退避所までの距離をわざわざ教えてくれる親切さ。この道路にはいったい何が……!? 「駐車絶対禁止」。赤字で「絶対禁止」とはよほどのこと。次の退避所までの距離をわざわざ教えてくれる親切さ。この道路には一体何あるのか……!?

完全に「別個の道路」と化した険道「神奈川県道515号」

 県道515号は、全線が神奈川県相模原市にあります。緑区三井(みい)の県道513号と同区千木良(ちぎら)の国道20号を結ぶ、全長7.5キロの県道です。

津久井湖の北側を回ります 津久井湖の北側を通る「県道513号」(赤線は筆者加工)

 起点の県道513号側から、津久井湖の北側を回って名手(なで)集落を目指します。問題なのはその先です。

 途中の名手〜赤馬(あこうま)集落間の約1.2キロは完全通行止めの廃道と化しています。県道515号は三井〜名手、赤馬〜千木良の2区間に分断されています。今回は通行止め区間を除き、法的に問題ない範囲で安全を常に確かめながら、この道を歩いて辿っていきます。

 起点は県道513号との接続地点。信号のない交差点です。

左側が県道515号だが、それを示すものはなにもない 左に行くと県道515号。それを示す標識類は何もない
この道が県道だと、誰が思うだろうか…… この林道のような、脇道のような道が神奈川県道515号

 印象は「細い脇道」。県道515号を示す標識はありません。

 しかし道幅制限標識の「すごい数字」に目を奪われました。

筆者の知る限り、関東でいちばん狭い最大幅「1.7m」制限の規制標識 筆者の知る限り、関東でいちばん狭い「幅1.7m制限」の規制標識

 入口に立っていた規制標識は何と「最大幅1.7メートル」。筆者が知る限りでは関東最狭値の標識です。幅1.7メートルまでだなんて、おい、うそ、だろ。

 前回「ヤベーくらいに狭い険道!!」と紹介した「神奈川県道518号」(関連記事)の規制値は「幅2メートル」でした。あの衝撃をさらに上回る狭さ! 幅1.7メートルだなんて、軽自動車(参考:幅1.48メートル以下)か二輪車くらいしか通れないだろ……(参考:5ナンバー枠の小型乗用車は幅1.7メートル以下。3ナンバーの普通乗用車はその幅を上回ることが多い)。

その先には一体何が!? 「険道515号」を歩いて確かめてみた

 では進入していきましょう。歩く速度でも徐々に道が狭〜くなっていくのが分かります。これ、クルマだったら怖いだろうなぁぁ。

最初は一般的な1.5車線道路ですが、奥に行くにつれて…… はじめはいくらか広い1.5車線道路ですが、奥に行くにつれて……
露骨に道が狭くなっていきます ズンと露骨に道が狭くなっていきます
筆者は10回切り返しても車庫入れできなさそうです かなり車庫入れが難しそうな道幅に

 途中の民家には自家用車が停まっていました。車庫入れの難易度はかなり高そうです。

 しかしこのくらいの幅ならばまだ序の口です。入口から約700メートル、カーブを越えると……一気に見える景色が変わります。ここが地獄の一丁目(?)……。ここから名手集落まで何があろうと前進するしかない道になります。

このカーブを過ぎると、一気に空気が変わります このカーブを過ぎると、一気に空気が変わる
一瞬広くなるが、すぐに狭まる道路幅 一瞬広くなるが、すぐに狭まる道路幅
再び現れた「最大幅1.7m」規制 再び現れた「最大幅1.7m」規制標識
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/24/news131.jpg 「マジでかわいい!」「試合で見れない表情」 石川佳純、メイクアップしたショットに大反響
  2. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  3. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  4. /nl/articles/2109/24/news037.jpg 道路にうずくまっていた子猫を保護→2日後…… モフモフな抱っこ紐から顔を出す姿がたまらなくいとおしい
  5. /nl/articles/2009/13/news017.jpg 「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
  6. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  7. /nl/articles/2009/28/news112.jpg 「お姫様みたい」「モデルやん」 池江璃花子、成人式の前撮りでティアラ&深紅のドレス 振袖姿は「当日までのお楽しみ」
  8. /nl/articles/2109/22/news156.jpg 『らんま1/2』の「あかねの髪形変更」というイベントが割り込み展開のはずなのに自然な流れ過ぎてすごいという話
  9. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  10. /nl/articles/1907/02/news082.jpg 「美しすぎてクラクラ」「健康的な美ボディー」 吉田沙保里、下着モデル初挑戦の“最強の1枚”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」