ニュース
» 2020年01月24日 10時30分 公開

「幅は1.7メートルだ。貴様は通れるか?」 最狭の険道「神奈川県道515号」、やっぱり絶対に通れなかった (1/4)

県道515号には、もっとすごい「門番の大ボス」がいた……!

[少年B,ねとらぼ]

 「酷道(こくどう)」をご存じでしょうか。道幅が狭かったり、路面が舗装されていなかったり、そもそも通行止めだったり……。一般的な国道(国が政令で指定した道路)というイメージからはかけ離れた国道のことを愛情と敬意を込めて示す言葉です。それと同様に、そんな状態の県道(都道府県が管理する道路)にも愛称があります。「険道(けんどう)」と呼ばれます。

筆者の知る限り、関東でいちばん狭い最大幅「1.7m」制限の規制標識 筆者の知る限り関東でいちばん狭い、県道515号の「幅1.7m制限」規制標識

 前回、「幅2メートル」の門番がいた、とても狭い“険道”「神奈川県道518号」を紹介しました。まるで「運転に自信がないヤツは立ち去れぃ」……と言われているかのように過酷な道でした(関連記事)

 しかし、実はもっとすごい道があります。今回は険道ファンの筆者が神奈川県の中で「最も過酷な県道の1つ」と思っている「幅1.7メートル(!)」の険道「神奈川県道515号三井相模湖線(以下、県道515号)」を紹介します。

「駐車絶対禁止」。行政とは思えない強い文章。次の退避所までの距離をわざわざ教えてくれる親切さ。この道路にはいったい何が……!? 「駐車絶対禁止」。赤字で「絶対禁止」とはよほどのこと。次の退避所までの距離をわざわざ教えてくれる親切さ。この道路には一体何あるのか……!?

完全に「別個の道路」と化した険道「神奈川県道515号」

 県道515号は、全線が神奈川県相模原市にあります。緑区三井(みい)の県道513号と同区千木良(ちぎら)の国道20号を結ぶ、全長7.5キロの県道です。

津久井湖の北側を回ります 津久井湖の北側を通る「県道513号」(赤線は筆者加工)

 起点の県道513号側から、津久井湖の北側を回って名手(なで)集落を目指します。問題なのはその先です。

 途中の名手〜赤馬(あこうま)集落間の約1.2キロは完全通行止めの廃道と化しています。県道515号は三井〜名手、赤馬〜千木良の2区間に分断されています。今回は通行止め区間を除き、法的に問題ない範囲で安全を常に確かめながら、この道を歩いて辿っていきます。

 起点は県道513号との接続地点。信号のない交差点です。

左側が県道515号だが、それを示すものはなにもない 左に行くと県道515号。それを示す標識類は何もない
この道が県道だと、誰が思うだろうか…… この林道のような、脇道のような道が神奈川県道515号

 印象は「細い脇道」。県道515号を示す標識はありません。

 しかし道幅制限標識の「すごい数字」に目を奪われました。

筆者の知る限り、関東でいちばん狭い最大幅「1.7m」制限の規制標識 筆者の知る限り、関東でいちばん狭い「幅1.7m制限」の規制標識

 入口に立っていた規制標識は何と「最大幅1.7メートル」。筆者が知る限りでは関東最狭値の標識です。幅1.7メートルまでだなんて、おい、うそ、だろ。

 前回「ヤベーくらいに狭い険道!!」と紹介した「神奈川県道518号」(関連記事)の規制値は「幅2メートル」でした。あの衝撃をさらに上回る狭さ! 幅1.7メートルだなんて、軽自動車(参考:幅1.48メートル以下)か二輪車くらいしか通れないだろ……(参考:5ナンバー枠の小型乗用車は幅1.7メートル以下。3ナンバーの普通乗用車はその幅を上回ることが多い)。

その先には一体何が!? 「険道515号」を歩いて確かめてみた

 では進入していきましょう。歩く速度でも徐々に道が狭〜くなっていくのが分かります。これ、クルマだったら怖いだろうなぁぁ。

最初は一般的な1.5車線道路ですが、奥に行くにつれて…… はじめはいくらか広い1.5車線道路ですが、奥に行くにつれて……
露骨に道が狭くなっていきます ズンと露骨に道が狭くなっていきます
筆者は10回切り返しても車庫入れできなさそうです かなり車庫入れが難しそうな道幅に

 途中の民家には自家用車が停まっていました。車庫入れの難易度はかなり高そうです。

 しかしこのくらいの幅ならばまだ序の口です。入口から約700メートル、カーブを越えると……一気に見える景色が変わります。ここが地獄の一丁目(?)……。ここから名手集落まで何があろうと前進するしかない道になります。

このカーブを過ぎると、一気に空気が変わります このカーブを過ぎると、一気に空気が変わる
一瞬広くなるが、すぐに狭まる道路幅 一瞬広くなるが、すぐに狭まる道路幅
再び現れた「最大幅1.7m」規制 再び現れた「最大幅1.7m」規制標識
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」