ニュース
» 2019年12月30日 10時00分 公開

「運転に自信がないヤツは立ち去れぃ」……!! はぁ!?!? 狭すぎる“険道”「神奈川県道518号」に試されてみた(1/4 ページ)

実は県道518号には門番がいる……。

[少年B,ねとらぼ]

 「酷道(こくどう)」をご存じでしょうか。道幅が狭かったり、路面が舗装されていなかったり、そもそも通行止めだったり……。一般的な国道(国が政令で指定した道路)というイメージからはかけ離れた国道のことを愛情と敬意を込めて示す言葉です。それと同様に、そんな状態の県道(都道府県が管理する道路)にも愛称があります。「険道(けんどう)」と呼ばれます。

 今回は険道ファンの筆者が、神奈川県の険道の中でも「見た目のインパクトがすごい」と名高い「神奈川県道518号藤野津久井線」を紹介します。

車1台がギリギリの道路。これが険道……! 両側通行ながら車1台が通れるギリギリの幅と迫り来る崖……。今回は「神奈川県道518号藤野津久井線(の牧馬峠エリア)」を歩き通します

「注意・警告の標識」がたくさん! 入口から険道の気配

 神奈川県道518号は、全線が神奈川県の相模原市にあります。旧津久井町青野原の国道413号と旧藤野町牧野の篠原集落を結ぶ、全長6.4キロの県道です。

 この道路は、周辺の他の国道や県道と共に、国道20号や中央道の大月市、上野原市方面と、神奈川県央地区の厚木市、伊勢原市方面を結ぶ抜け道ルートの一部となっているので、交通量はかなり多いのが特徴です。

 県道518号の入口、国道413号との交差点にはキャンプ場の楽しそうな広告看板がたくさん並んでいます。その中に「少し怪しい標識」が幾つか紛れていることを見逃してはなりません。

国道413号からの分岐地点。右側に曲がると県道518号 国道413号からの分岐地点。右側に曲がると「県道518号」である
県道518号への入口 「県道518号」への入口。キャンプ場の広告看板の他に、何やら「怪しい看板」も

 「大型車通行不可案内」と書かれた標識にはこう書いてあります。

  • 「この先3.8km大型車通行できません」
  • 「全線Uターンできません」

 のどかな風景に立っていた標識は、こんな物々しい内容でした。さらにその少し先、道路の側面に立つ標識でも盛んに警戒を促してきます。

  • 「路肩弱し この先3.6km」
  • 「最大幅2.0m以上の車通行禁止」

 ……と書かれています。そしてその警戒期間は「昭和55年8月26日から当分の間」。と、当分の間とは……?

道路の左右に警戒の看板が 道路の左右、数カ所に警戒の標識がある
大型車通行不可案内と書かれた看板 大型車の侵入をかたくなに拒む警告

 右側からも目立つ黄色地の標識で訴えてきます。

  • 「3.8km先車幅2.0m以上の車両通行不可」
  • 「Uターンも出来ません」

 ……あれ、3.8キロ先なのか、3.6キロ先なのか、表記の揺れは少し気になりますが、とにかくこの先は「狭いぞ」「大型車は無理だぞ」「普通車でもヤバイぞ」ということは伝わりました。

さらにそのすこし先には…… 道路の左右から「注意・警戒」を盛んに促してくる
「昭和55年8月26日から当分の間」 大型車通行禁止の期間は「昭和55年8月26日から当分の間」。当然、令和になった現在も続いているとみられる
Uターンができないことを繰り返し説明している Uターンさえできないことを繰り返し通知している

 入口には雨量による通行規制の標識もありました。県道518号は相模原市内の規制では最もゆるい「連続雨量200mm 時間雨量30mm」の通行止め規制となります。通行止めになった場合、この道に迂回路はありません。

 さらに先には、街中であまり見かけないタイプの道路情報板も設置されていました。道路自体はひとまず一般的な「片側一車線」の道。制限速度は「時速40キロ」です。

通行規制の看板 大雨時には通行止めとなる
街中ではあまり見ないタイプの道路情報板 街中ではあまり見ないタイプの道路情報板
路肩は少し狭くなっていきます しかし、路肩がだんだん狭くなってくる
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」