ニュース
» 2020年01月28日 10時00分 公開

東京オリンピック開催中の終電繰り下げ〜かかる費用はオリンピック予算なのか否か

終電を繰り下げるにもお金がかかりますが……。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月23日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。東京オリンピック開催中の帰宅対応のために各鉄道で終電の延長、増発が実施されるというニュースについて解説した。

フォト お台場海浜公園にお目見えした五輪マークのモニュメント=2020年1月17日午前、東京都港区 写真提供:産経新聞社

19の鉄道で終電繰り下げ・路線増発

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会と東京都は22日、大会期間中の混雑や深夜までの帰宅対応のため、列車の増発や終電の延長について詳細な実施計画を発表した。それによると19の鉄道会社がおよそ60の路線で終電時間を延長。また日中でもおよそ30の路線で増発が実施される方針。

飯田)混雑で最寄り駅との間も時間がかかるということで、かねてから終電のダイヤ変更は組織委員会と東京都が要請をしていたそうです。今回はそれに応える形になりました。

鈴木)この対応は必然的で、鉄道は私鉄も含めて前向きに対応するということです。しかしオリンピックに関して言うと、終電を繰り下げたりするということは、それなりにお金がかかります。

飯田)そうですね。

会計検査院と国の間でオリンピック予算の経過金額に大きな差

鈴木)必要経費ですね。そういうものをある程度、国や東京都が予算化しなければならない部分が出て来る可能性があるわけです。オリンピック予算は1つのポイントで、去年(2019年)12月上旬に会計検査院が、これまでのオリンピック予算の経過を、国会の要請を受けて調査、検証をして発表しました。あまり報道されなかったのですが、国はこれまでの間に「2600億円ほど予算を使っている」と言っています。しかし、会計検査院の出した調査の結果によると、これまでに「すでに1兆円を超えている」と。数字が4倍違うのです。なぜ相違が出るのかというと、会計検査院が調査したのは「オリンピックに関連するいろいろなもの」をまとめたら、そういう金額になっていると。国は「それは関連予算ではありません、オリンピック予算ではありません」と言っている。その食い違いなのです。

飯田)なるほど。道路整備があれば、「これは都市整備の一環ですから」とも言えますし、「オリンピック対応で人を運ぶためです」とも言える。

鈴木)そうです。これをどちらにカウントするかでお金は変化しますが、会計検査院が各役所や霞が関で調査を行うと、「どう見てもこれはオリンピック関連予算ですよね」というものがけっこうあります。それを国は「違います」と言って、少なく発表をしている感じがあります。ですので、しっかりと調べなくてはならないのですが、そのなかに人員の輸送に関するものもあります。それも会計検査院は「オリンピックに関連していますよね」と言ってカウントしています。しかし、国は「それは関連予算ではありません」と言っているなかに、今回のようなものも含まれているのです。

フォト 【小池都知事がIOCのコーツ調整委員長と会談】IOCのジョン・コーツ調整委員長(左)と会談する小池百合子東京都知事=2019年10月25日午後、東京都新宿区の東京都庁 写真提供:産経新聞社

オリンピックの予算についてメディアが確認する必要がある

鈴木)私たちは常にオリンピックに関して、何か動きが変わるのであれば、そこには税金である予算がついているということをその都度チェックしなければなりません。今回も「予算はどうなっているのですか?」ということは、私たちメディアが確認しなければなりません。お金が膨れ上がったら「都市型コンパクトオリンピック」と言っていたのは、一体どこに行ったのだろうかという話になります。そこを低価格で行うことによって、お金のない国もオリンピック実施に手を挙げられるように、日本が、東京が安く上げようというのが今回の狙いです。このことによって、予算が陰で膨れ上がっていたら大変なことです。これをきっかけに予算のチェックをみんなでするべきだと思います。

飯田)都議会もこれから本年度予算を行いますものね。

鈴木)国もそうです。オリンピックの予算チェックというのも、この国会の1つのポイントなのです。

radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」