ニュース
» 2020年01月28日 16時48分 公開

Twitterトレンドに「カービィのエアライド」 任天堂が「KIRBY AIR RIDE」を商標出願し、Switch新作への期待でファンが沸く(1/2 ページ)

旧作ゲームの英語タイトルを大量に商標出願していたもよう。

[ねとらぼ]

 任天堂が1月15日に「KIRBY AIR RIDE」(「カービィのエアライド」の北米版タイトル)を商標出願していたことが判明。Twitterでは「Nintendo Switch新作か?」と期待する声が多く上がり、同作の名前がトレンド入りする事態となりました。




 「カービィのエアライド」はHAL研究所が開発し、2003年7月11日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ用ゲームソフトです。

 ジャンルは「アクションレース」で、ワープスターをはじめとする乗り物を操り、コピー能力を駆使しながらゴールを目指します。基本となるレース以外にも、飛距離を勝負したり、デデデ大王と戦ったりと、さまざまな競技が収録されています。

 が、ファンの間で人気が高いのは、競技そのものよりもむしろ準備のパートかもしれません。広大な都市を巡って乗り物を強化する「シティトライアル」モードは、実力差を運でカバーできるランダム性があり、多人数で遊ぶお祭りゲーとして秀逸。3つのパーツを集めて完成する強力なマシンを手にした者には、代わりに全員から集中砲火を浴びるお約束の展開が待ち受けていました。



 今回の商標出願により、Twitterでは同作の思い出話に花を咲かせるファンが続出しています。あわせて新作発表の可能性に沸く声も多く上がっていますが、任天堂は「Kirby 64 The Crystal Shards」「Super Mario Sunshine」「Card Hero」など40題近い英語タイトルを一気に商標出願しており、「KIRBY AIR RIDE」もそのうちの1つ。これら全ての完全新作が作られるとは考えにくいため、過度な期待は控えた方がよさそうです。





       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」