ニュース
» 2020年01月29日 16時40分 公開

「ウチら最強卍」「男とか女とかどうでもよくね?」 りゅうちぇる、鬼盛りメイクで渋谷系ギャルに変身 (1/2)

アゲ↑↑。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 タレントのりゅうちぇるさんが1月29日、バーチャルギャルの葵プリズムとコラボしたビジュアルをInstagramマガジン「ENBAN TOKYO」で披露。ギャルルックをイメージしたド派手なビジュアルで、葵プリズムとギャルの日常をなぞらえた撮影に臨んでいます。

りゅうちぇる ギャル ギャル男 葵プリズム バーチャルギャル ヘアメイク鬼盛りのりゅうちぇるさん

 全身ラメのグリーンスーツにピンクのシャツを合わせ、メイクもヘアスタイルも“鬼盛り”なギャルに変身したりゅうちぇるさん。企画した「ENBAN TOKYO」によると、男性がスキンケアだけでなくメイクアップすることが当たり前になった今、“らしさ”への問いかけすると同時にギャルの持つ自己肯定感からの「うちら最強」マインドが広く普遍的になってほしいという願いも込め、今回の撮影に至ったとのこと。以前からボーダーレス男子として活躍するりゅうちぇるさんを採用したのは「男性らしさ・女性らしさをはじめ旧来の価値観を軽やかに超えていく」存在だからとも説明しています。

りゅうちぇる ギャル ギャル男 葵プリズム バーチャルギャル りゅうちぇるさんと葵プリズム

 他にも、2人がキラキラしたゴージャスなクラブで楽しんでいる1枚や日焼けサロンを満喫している2ショット、ルーズソックを穿いたりゅうちぇるさんが渋谷のモヤイ像の前で寝転んでいるワンショットなどが公開。葵プリズムは「ギャル男風のりゅうちぇるさまだけど、男とか女とかどうでもよくね? ってことで、性別は取っ払ってあくまで『ギャル』だよ」と、撮影のコンセプトについて説明しています。

 伸び伸びとしたスタイルで撮影を楽しんだりゅうちぇるさんは、「SNSで情報がありふれて、かわいいの概念が定まりすぎている今の時代だからこそ、僕たちが生まれた頃に流行ったギャルのバイブスやマインドを、現代に生きる方も、持つべきだと思うんです」とビジュアルの真意について説明。「1人でも多くの皆さんが明日から、誰の概念にも邪魔されず、自分の色で、自分の人生を、輝けるようになると、嬉しいです」と、撮影を踏まえて自身の願いをコメントしています。

りゅうちぇる ギャル ギャル男 葵プリズム バーチャルギャル 日焼けサロンでの2人

りゅうちぇるさんのコメント

「今回、葵プリズムと僕りゅうちぇるがコラボし、素敵な撮影をさせていただきました! 今の時代、SNSで可愛い人やオシャレな人を簡単に見つけて、こうなりたい! と自分自身の美意識を高めやすい一方で、人と比べすぎて、自分のせっかくの個性をコンプレックスと捉えて、自信をなくしてしまっている方も多いなと感じます。そんな、SNSで情報がありふれて、かわいいの概念が定まりすぎている今の時代だからこそ、僕たちが生まれた頃に流行ったギャルのバイブスやマインドを、現代に生きる方も、持つべきだと思うんです。個性的で、自由でキラキラした世界観を感じていただき、ウチら最強卍と言わんばかりのマインドを感じていただき、1人でも多くの皆さんが明日から、誰の概念にも邪魔されず、自分の色で、自分の人生を、輝けるようになると、嬉しいです。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン