ニュース
» 2020年01月29日 16時40分 公開

「ウチら最強卍」「男とか女とかどうでもよくね?」 りゅうちぇる、鬼盛りメイクで渋谷系ギャルに変身 (1/2)

アゲ↑↑。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 タレントのりゅうちぇるさんが1月29日、バーチャルギャルの葵プリズムとコラボしたビジュアルをInstagramマガジン「ENBAN TOKYO」で披露。ギャルルックをイメージしたド派手なビジュアルで、葵プリズムとギャルの日常をなぞらえた撮影に臨んでいます。

りゅうちぇる ギャル ギャル男 葵プリズム バーチャルギャル ヘアメイク鬼盛りのりゅうちぇるさん

 全身ラメのグリーンスーツにピンクのシャツを合わせ、メイクもヘアスタイルも“鬼盛り”なギャルに変身したりゅうちぇるさん。企画した「ENBAN TOKYO」によると、男性がスキンケアだけでなくメイクアップすることが当たり前になった今、“らしさ”への問いかけすると同時にギャルの持つ自己肯定感からの「うちら最強」マインドが広く普遍的になってほしいという願いも込め、今回の撮影に至ったとのこと。以前からボーダーレス男子として活躍するりゅうちぇるさんを採用したのは「男性らしさ・女性らしさをはじめ旧来の価値観を軽やかに超えていく」存在だからとも説明しています。

りゅうちぇる ギャル ギャル男 葵プリズム バーチャルギャル りゅうちぇるさんと葵プリズム

 他にも、2人がキラキラしたゴージャスなクラブで楽しんでいる1枚や日焼けサロンを満喫している2ショット、ルーズソックを穿いたりゅうちぇるさんが渋谷のモヤイ像の前で寝転んでいるワンショットなどが公開。葵プリズムは「ギャル男風のりゅうちぇるさまだけど、男とか女とかどうでもよくね? ってことで、性別は取っ払ってあくまで『ギャル』だよ」と、撮影のコンセプトについて説明しています。

 伸び伸びとしたスタイルで撮影を楽しんだりゅうちぇるさんは、「SNSで情報がありふれて、かわいいの概念が定まりすぎている今の時代だからこそ、僕たちが生まれた頃に流行ったギャルのバイブスやマインドを、現代に生きる方も、持つべきだと思うんです」とビジュアルの真意について説明。「1人でも多くの皆さんが明日から、誰の概念にも邪魔されず、自分の色で、自分の人生を、輝けるようになると、嬉しいです」と、撮影を踏まえて自身の願いをコメントしています。

りゅうちぇる ギャル ギャル男 葵プリズム バーチャルギャル 日焼けサロンでの2人

りゅうちぇるさんのコメント

「今回、葵プリズムと僕りゅうちぇるがコラボし、素敵な撮影をさせていただきました! 今の時代、SNSで可愛い人やオシャレな人を簡単に見つけて、こうなりたい! と自分自身の美意識を高めやすい一方で、人と比べすぎて、自分のせっかくの個性をコンプレックスと捉えて、自信をなくしてしまっている方も多いなと感じます。そんな、SNSで情報がありふれて、かわいいの概念が定まりすぎている今の時代だからこそ、僕たちが生まれた頃に流行ったギャルのバイブスやマインドを、現代に生きる方も、持つべきだと思うんです。個性的で、自由でキラキラした世界観を感じていただき、ウチら最強卍と言わんばかりのマインドを感じていただき、1人でも多くの皆さんが明日から、誰の概念にも邪魔されず、自分の色で、自分の人生を、輝けるようになると、嬉しいです。



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.