ニュース
» 2020年01月30日 12時12分 公開

「放置してたら癌になってた可能性大」 杉浦太陽、日帰り手術で大腸のポリープ切除を報告

お体大事になさってください。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 タレントの杉浦太陽さんが1月29日にInstagramとブログを更新し、健康診断で大腸内視鏡をした際、“気になるポリープ”が2つあったために手術で切除してもらったことを報告。現在詳しい検査待ちだそうで、「何事もありませんように…」と落ち着かない様子をつづっています。

杉浦太陽 大腸内視鏡 ポリープ 癌 がん 辻希美 息子 三男の幸空(こあ)くんの写真とともに報告した杉浦さん(画像は杉浦太陽Instagramから)

 28日に、翌日の検査のため食事制限でゼリーや液体しか口にできないことを嘆いていた杉浦さん。ポリープは、弟と自身のマネジャーとともに事務所の健康診断に出掛け、大腸内視鏡を受けた際に見つかったそうで、その場で手術を行い切除したことを報告しています。

 杉浦さんによると、切除したポリープは「5年、10年放置してたら癌になってた可能性大」だったとのこと。「不安な思いもありますが、今回の検査で早めに切除してもらってよかったと思います」と医師の判断に感謝し、詳しい検査結果が3週間後に分かることも伝えています。

杉浦太陽 大腸内視鏡 ポリープ 癌 がん 辻希美 息子 検査直前の杉浦さん(画像は杉浦太陽オフィシャルブログから)

 術後の30日には、流動食の生活が数日間続くため、夕食と朝食に具なしの茶碗蒸しをつくってくれた妻の辻希美さんに対し「術後の身体に染みました…美味しかった、ありがとう」と感謝の言葉をコメント。また、Instagramでは三男の幸空くんの「おいしい〜」のポーズに癒されながら「まだまだ父さん、健康で長生きしなきゃな!」と前向きな言葉をつづっています。

杉浦太陽 大腸内視鏡 ポリープ 癌 がん 辻希美 息子 辻さん、幸空くん、杉浦さんの3ショット(画像は杉浦太陽オフィシャルブログから)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.