ニュース
» 2020年01月31日 12時45分 公開

閉店するマクドナルドに2軒隣のバーガーキングが送ったメッセージが感動的 でも縦読みすると……

なんか改行位置が不自然ですね(すっとぼけ)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 マクドナルド秋葉原昭和通り店が1月31日18時をもって閉店するとの告知を受けて、2軒隣のバーガーキングがマクドナルドの労をねぎらうポスターを掲示しました。このエールを送る様子はTwitterで拡散され、一時は感動を呼んだ……のですが、「実は痛烈なメッセージが隠されていないか?」と、気付いた人々をざわつかせています。


マクドナルドバーガーキング 去りゆくマクドナルドにエールを送るバーガーキング。一見、感動的な光景だけど……?(2020年1月31日編集部撮影/以下同)

バーガーキング おわかりいただけただろうか

 マクドナルドの店頭告知は「22年間のご愛顧ありがとうございました」と感謝を伝えつつ、「See you」と去るドナルド・マクドナルドの後ろ姿を掲載。「楽しい食事やおしゃべりは、これからも……」と、秋葉原駅前店など近隣店舗の情報も載せています。


マクドナルド マクドナルド秋葉原昭和通り店

 これに対し、バーガーキング側はアンサーソングのようなポスターを制作。デザインをまねて「22年間たくさんのハッピーをありがとう」と題し、「Thank you」と深々頭を下げる店員のイラストを掲載しました。


バーガーキング バーガーキング秋葉原昭和通り店

 これだけならば、去りゆくライバルへの粋なメッセージに思えるのですが、少々引っ掛かるのが本文の文面。以下に全文引用しますが、不自然に平仮名で書かれた「かくに」やら、「いない」と文頭が助詞で始まる改行やら、意図的ななにかを感じませんか? そう、文頭を縦に読むと、「私たちの勝チ」という勝利宣言が浮かび上がるのです。

バーガーキング おわかりいただけただろうか(2度目)

たちの2軒隣のマクドナルドさんが今日で最終日を迎えます。
がいに良きライバルとして。アキバを愛する仲間として、アキバを愛する仲間として
かくにいたからこそ、私たちも頑張ることができました。マクドナルドさん
いないこれからを思うと寂しさでいっぱいです。どうかみなさん、
手なお願いですが、今日は彼のところに行ってください。ずっと背中を追い続けた
ャレンジャーの私たちから、スマイルを込めて。お疲れさまでした。



 ポスターの真意は測りかねますが、コラボメニュー「マックワッパー」を提案して断られたり、ハロウィーンに店舗を丸ごとマクドナルドに仮装したり(関連記事12)、以前からマクドナルドを意識した企画を展開しているバーガーキングだけに、複雑な思いが詰まっていそう。Twitterでは「いい話だなと思って見ていたら、途中で縦読みに気付いてゾッとした」「敵に塩を送るどころか、傷口に塩をすり込んでいて引いた」「比較広告の類は日本人には受け入れ難いところもあるけれど、互いの宣伝になる面もある」など、さまざまな意見が上がっています。


バーガーキング よく見ると、ちゃっかり自分とこのコーヒーアピールしてますね

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐