メディア
ニュース
» 2020年02月03日 19時00分 公開

トイレが来い TOTOが出資した「クルマのように移動するトイレ」が話題に、すでに米国でロケテストも

快適なトイレを手軽に利用できるように。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 大手トイレメーカーのTOTOが、米国で開催されたハイテク展示会「CES 2020」で披露した「クルマのように移動するトイレ」が話題になっています。

TOTO Good2Go トイレカー Good2Goってなに?

 「モバイルトイレ」と名付けられた移動式トイレは、TOTOが出資している米スタートアップ企業Good2Go(G2G)が開発したものです。

 G2Gが目指しているのは「誰もが快適なトイレにいつでもアクセスできる」という環境作り。日本ではいつでもどこでも清潔な公共トイレを使えますが、アメリカでは公共トイレそのものの数が少なく、環境が整っているとは言い難い状況です。

 それなら、人がトイレに行くのではなく、トイレを必要としている人のところに「トイレが駆けつければ良いのでは?」とぶっ飛んだ発想で作られたのが、話題になっている「モバイルトイレ」です。

TOTO Good2Go トイレカー Good2Goが開発したモバイルトイレ

 モバイルトイレは、トラックにトイレの個室をそのまま乗せたような作りで、まさに走るトイレ。室内の広々とした空間には暖かい便座と温水洗浄機能の備えたTOTO製「ウォシュレット」が搭載されています。

TOTO Good2Go トイレカー モバイルトイレの内部

 このモバイルトイレは、G2Gが拠点を構える米サンフランシスコでロケテストが行われており、公園などで開催されるイベントにあわせて月に6回ほど出動しているそうです。

 TOTOとG2Gは誰もが快適な公共トイレを利用できるサービスを目指していますが、TOTO広報部によると「実証実験を行っているが実用化やスケジュールは未定」とのことで、街なかをトイレが走る「トイレが来い」時代の到来はまだまだ先になりそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.