ニュース
» 2020年02月03日 17時19分 公開

イギリスのEU離脱〜欧州の1つの時代の終わり

大陸欧州の安定の問題。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月31日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。イギリスの2月1日のEU離脱を受け、ヨーロッパの今後について解説した。

フォト ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

イギリスが日本時間2月1日にEU離脱

EUヨーロッパ連合加盟国は30日、イギリスのEU離脱協定の書面手続きによって正式に採択した。これでイギリスとEUの双方で、協定発効のための批准手続きが完了している。イギリスはEU本部があるブリュッセルが2月1日の午前0時を迎えた時点、日本時間にして2月1日午前8時で離脱をすることとなる。1952年にEUの前身組織、ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体が発足して以来、一貫して拡大を続けていた組織から加盟国が減るのは初めてだ。

飯田)ブリュッセル時間で2月1日午前0時、イギリスでは時差があるため、31日午後11時に離脱ということになるようです。

宮家)朝日新聞には「色あせる欧州統合の夢」と書いてあります。たしかにそういう見方もあるとは思うのだけれども、私は少し別の見方をしてみようと思います。イギリスは大陸国家ではなく海洋国家ですから、そもそも欧州大陸とは違うのです。そこがまず違う。だからこそ、EUには遅れて入って来たのです。EUの基本は「大陸欧州をどのように安定させるか」なのですから。

フォト ブランデンブルク門(ベルリン-Wikipediaより)

フランスだけではドイツを抑えられない

宮家)歴史的に考えると、大陸欧州ではドイツがいい意味でも悪い意味でも、いちばん強い。ドイツが強くなり過ぎて、勝手なことをやると周りの国々は困る、これはもうフランスに頑張ってもらうしかない。フランスを巻き込んで、ついでにフランスだけでは頼りないからイギリスも巻き込んで、ドイツをけん制し、安定化させる。これに失敗した結果が第1次世界大戦です。そして次にドイツがまた強くなったから、今度はイギリスとフランスとアメリカも巻き込んで、やっと戦争が終わった。これが第二次世界大戦です。そうしたら今度は東西冷戦が始まった。ソ連が強くなってアメリカと対等になったので、仕方ない、ヨーロッパ諸国は団結するしかないとなった。こうしてEUを作り頑張ったのだけれど、いまやロシアが弱くなってしまった。そしてアメリカも頼りにならない。そうすると、また欧州各国国内のエゴが戻って来てしまった。イギリスはイギリスで、大陸とは違うのだから離れるとなった。こうなると結局、EUの本質というものはフランスとドイツの連携なのだけれども、それが揺らいでいくのではないか。歴史的に考えてみれば、フランスだけではドイツは抑えられないのです。

フォト 2018年10月29日、ベルリンで記者会見するドイツのメルケル首相(ゲッティ=共同) 写真提供:共同通信社

欧州の1つの時代の終わり

宮家)そのことがよく書いてあるのが、本日31日付日経新聞の11面です。EUの前大統領はポーランドの人ですが、やはりドイツがものすごく気になっている。イギリスはイギリスでEUのごちゃごちゃした規制はもういいから、自分で勝手に金融なっは自由にやるのだということが書いてあるのだけれど、その下には別の記事で「ドイツの製造業に停滞感」とも書いてあります。中国の経済が下向きになれば、当然ドイツの経済もおかしくなる。これが非常に嫌なのですよね。ドイツがどこまで頑張るか、ドイツが頑張って、それをフランスが支えて、初めてEUがあるわけでしょう。イギリスが離れて行くということは、単に欧州統合が色あせるということ以上に、欧州の1つの時代が終わった、というか一種のたそがれを非常に強く感じます。やはりこれからは、ドイツの動きがいちばん大きい要素になって行くでしょう。

飯田)ドイツ経済ですか?

宮家)ええ。メルケルさんがいるうちはいいです。10年〜20年先の話かもしれませんが、気になることが多いです。

radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」