イギリスのEU離脱〜欧州の1つの時代の終わり

大陸欧州の安定の問題。

» 2020年02月03日 17時19分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月31日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。イギリスの2月1日のEU離脱を受け、ヨーロッパの今後について解説した。

フォト ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

イギリスが日本時間2月1日にEU離脱

EUヨーロッパ連合加盟国は30日、イギリスのEU離脱協定の書面手続きによって正式に採択した。これでイギリスとEUの双方で、協定発効のための批准手続きが完了している。イギリスはEU本部があるブリュッセルが2月1日の午前0時を迎えた時点、日本時間にして2月1日午前8時で離脱をすることとなる。1952年にEUの前身組織、ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体が発足して以来、一貫して拡大を続けていた組織から加盟国が減るのは初めてだ。

飯田)ブリュッセル時間で2月1日午前0時、イギリスでは時差があるため、31日午後11時に離脱ということになるようです。

宮家)朝日新聞には「色あせる欧州統合の夢」と書いてあります。たしかにそういう見方もあるとは思うのだけれども、私は少し別の見方をしてみようと思います。イギリスは大陸国家ではなく海洋国家ですから、そもそも欧州大陸とは違うのです。そこがまず違う。だからこそ、EUには遅れて入って来たのです。EUの基本は「大陸欧州をどのように安定させるか」なのですから。

フォト ブランデンブルク門(ベルリン-Wikipediaより)

フランスだけではドイツを抑えられない

宮家)歴史的に考えると、大陸欧州ではドイツがいい意味でも悪い意味でも、いちばん強い。ドイツが強くなり過ぎて、勝手なことをやると周りの国々は困る、これはもうフランスに頑張ってもらうしかない。フランスを巻き込んで、ついでにフランスだけでは頼りないからイギリスも巻き込んで、ドイツをけん制し、安定化させる。これに失敗した結果が第1次世界大戦です。そして次にドイツがまた強くなったから、今度はイギリスとフランスとアメリカも巻き込んで、やっと戦争が終わった。これが第二次世界大戦です。そうしたら今度は東西冷戦が始まった。ソ連が強くなってアメリカと対等になったので、仕方ない、ヨーロッパ諸国は団結するしかないとなった。こうしてEUを作り頑張ったのだけれど、いまやロシアが弱くなってしまった。そしてアメリカも頼りにならない。そうすると、また欧州各国国内のエゴが戻って来てしまった。イギリスはイギリスで、大陸とは違うのだから離れるとなった。こうなると結局、EUの本質というものはフランスとドイツの連携なのだけれども、それが揺らいでいくのではないか。歴史的に考えてみれば、フランスだけではドイツは抑えられないのです。

フォト 2018年10月29日、ベルリンで記者会見するドイツのメルケル首相(ゲッティ=共同) 写真提供:共同通信社

欧州の1つの時代の終わり

宮家)そのことがよく書いてあるのが、本日31日付日経新聞の11面です。EUの前大統領はポーランドの人ですが、やはりドイツがものすごく気になっている。イギリスはイギリスでEUのごちゃごちゃした規制はもういいから、自分で勝手に金融なっは自由にやるのだということが書いてあるのだけれど、その下には別の記事で「ドイツの製造業に停滞感」とも書いてあります。中国の経済が下向きになれば、当然ドイツの経済もおかしくなる。これが非常に嫌なのですよね。ドイツがどこまで頑張るか、ドイツが頑張って、それをフランスが支えて、初めてEUがあるわけでしょう。イギリスが離れて行くということは、単に欧州統合が色あせるということ以上に、欧州の1つの時代が終わった、というか一種のたそがれを非常に強く感じます。やはりこれからは、ドイツの動きがいちばん大きい要素になって行くでしょう。

飯田)ドイツ経済ですか?

宮家)ええ。メルケルさんがいるうちはいいです。10年〜20年先の話かもしれませんが、気になることが多いです。

radikoのタイムフリーを聴く

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」