ニュース
» 2020年02月06日 13時30分 公開

渋すぎチョイス!! 神奈川県警、警視庁の高速隊パトカーの精巧ミニカーがすごい 車種はあの「三菱 GTO」

1回限りの限定生産です。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 警察車両をメインにしたミニカー専門店「モデルギャラリー HIKO7」が、高速道路交通警察隊(高速隊)車両を再現した1/43スケールのダイキャストミニカー「三菱 GTO 神奈川県警察高速道路交通警察隊車両(510)」と「同警視庁高速道路交通警察隊車両(速10)」を制作。2020年2月5日に予約受付を開始しました。発売は3月〜4月を予定、価格は6300円(税別)です。

GTO GTOの高速隊パトカーを忠実に再現。警察車両をメインとするブランド「RAI'S」で販売する

 GTOは、迫力のあるワイドなクーペボディー、当時の馬力規制上限値の280馬力3リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、平成時代・バブル期に活躍した三菱自動車の高性能GTカー。その高い走行性能が買われ、高速道路の交通を取り締まる高速隊のパトロールカーとしても多く配備されました。

 今回モデル化した神奈川県警仕様、警視庁仕様の2台は、どちらも後期型のツインターボMRグレードがベース。特徴的な白黒のボディーカラー、赤色灯、高速隊車両の象徴でもあるボンネットのバグガード、各種アンテナとともに、後期型MRが履いていたメッキの18インチホイール、そしてドアミラーを忠実に再現しました。

 なお、国費配備の白黒パトカーはこれまでフェンダーミラー仕様が基本で、GTOパトも中期型まではフェンダーミラー仕様でした。このGTO後期型MRが国費導入の白黒パトカーとして日本で初めてドアミラー仕様で配備された車両と伝えられています。

GTO 1/43 三菱 GTO Twin Turbo MR (Z15A) 1997 神奈川県警察高速道路交通警察隊車両(510)

GTO 1/43 三菱 GTO Twin Turbo MR (Z15A) 1997 警視庁高速道路交通警察隊車両(速10)

GTO 神奈川県警察仕様

GTO 神奈川県警仕様では、リアのGTOエンブレムなどが外された様子もしっかり再現

GTO 警視庁仕様の屋根には「速10」の文字。高速道路交通警察隊所属の10号車

GTO かっこいい!

 ボディー素材はダイキャスト(亜鉛合金)製。サイズは150(長さ)×70(幅)×68(高さ)ミリ。1回限りの限定生産にて、限定数は神奈川県警仕様が700台、警視庁仕様が800台。価格は6300円(税別)です。

(カナブンさん)



フォトギャラリー

GTO GTO GTO GTO GTO GTO GTO

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.