ニュース
» 2020年02月07日 18時45分 公開

手塚治虫AIついに筆を執る 2030年の東京が舞台の新作『ぱいどん』が講談社『モーニング』に掲載決定 (1/2)

どんな話になるのでしょうか。

[コンタケ,ねとらぼ]

 「漫画の神様」こと手塚治虫の新作をAI技術で生み出すプロジェクト「TEZUKA2020」が、漫画『ぱいどん』を完成させたことを発表しました。2月27日発売の講談社『モーニング』13号に掲載されます。令和に手塚治虫の新作がよみがえる……!


TEZUKA2020 講談社 モーニング ぱいどん キオクシア 「ぱいどん」

TEZUKA2020 講談社 モーニング ぱいどん キオクシア TEZUKA2020プロジェクト

 『ぱいどん』は、管理社会の進んだ2030年の東京で、記憶をなくしたホームレス「ぱいどん」が小鳥ロボットの「アポロ」と共に事件を解決すべく立ち向かうストーリー。手塚治虫作品を学習したAI技術が生成するプロット(漫画の基本的な構成要素)やキャラクターをインスピレーションソースに、クリエイター陣が人間ならではの感性、経験で作品として完成させています。

 「もしも、今、手塚治虫さんが生きていたら、どんな未来を漫画に描くだろう?」という疑問からスタートしたという「TEZUKA2020」。プロジェクトをけん引したのは、フラッシュメモリの技術を開発したキオクシア(旧:東芝メモリ)です。

 AIによる過去の人物の復活は、「第70回 NHK紅白歌合戦」が美空ひばりさんの新曲「あれから」の披露で実行しています。このときは「感動した」「涙が止まらなかった」といった声が多数寄せられた一方で、「故人への冒涜では」「不気味」などの声も寄せられ、賛否両論でした。

 「TEZUKA2020」関係者は今回のプロジェクトについて、以下のようにコメントしています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.