ニュース
» 2020年02月11日 07時00分 公開

おじさん・おばさんの境界線? ショックで「ガーン」はもう古い!

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
photo

 2月4日(火)のニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」では、若者が驚きやショックを表現する際に「ガーン」という言葉を使わなくなったという話題を取り上げた。

 三省堂国語辞典編集委員の飯間浩明氏がツイッターに「『宿題忘れてた、ガーン』のような、驚きの『ガーン』を、若い世代が使わなくなった」という内容を投稿したところ話題になっている。

 そもそも「ガーン」という表現を最初に使用したのは、漫画「巨人の星」など諸説あるが、1961年に発刊されている永島慎二さんの『少女マリ』での「ガーン」という記述が有力のようだ。

 では今、驚いた時やショックな時、若者はどんな言葉を使っているのか。

 番組スタッフが調べによると、ショックや悲しみを表現する時は「ぴえん」。驚きを表現する際に「まじで?」という言葉を略した「ま?」という言葉が使われていることが分かった。

 さらに、ショックの表現をする際にどんな言葉を使っているのかリスナーに訊いたところ、10代から20代のリスナーさんからは「ズコー」、「ショボーン」などが寄せられ、40代以上からは「ガビーン」「ガチョーン」「アジャパー」など様々な言葉が寄せられた。

 また、驚きの言葉とは別に、電子レンジで温めることを「チンする」ではなく、「ピーする」という言葉使われているようだ。

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月〜木 8:00〜11:30


Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む