ニュース
» 2020年02月11日 07時00分 公開

おじさん・おばさんの境界線? ショックで「ガーン」はもう古い!

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
photo

 2月4日(火)のニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」では、若者が驚きやショックを表現する際に「ガーン」という言葉を使わなくなったという話題を取り上げた。

 三省堂国語辞典編集委員の飯間浩明氏がツイッターに「『宿題忘れてた、ガーン』のような、驚きの『ガーン』を、若い世代が使わなくなった」という内容を投稿したところ話題になっている。

 そもそも「ガーン」という表現を最初に使用したのは、漫画「巨人の星」など諸説あるが、1961年に発刊されている永島慎二さんの『少女マリ』での「ガーン」という記述が有力のようだ。

 では今、驚いた時やショックな時、若者はどんな言葉を使っているのか。

 番組スタッフが調べによると、ショックや悲しみを表現する時は「ぴえん」。驚きを表現する際に「まじで?」という言葉を略した「ま?」という言葉が使われていることが分かった。

 さらに、ショックの表現をする際にどんな言葉を使っているのかリスナーに訊いたところ、10代から20代のリスナーさんからは「ズコー」、「ショボーン」などが寄せられ、40代以上からは「ガビーン」「ガチョーン」「アジャパー」など様々な言葉が寄せられた。

 また、驚きの言葉とは別に、電子レンジで温めることを「チンする」ではなく、「ピーする」という言葉使われているようだ。

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月〜木 8:00〜11:30


Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.