ニュース
» 2020年02月12日 19時30分 公開

最上もが、高校時代は「全くモテなかったし、ダサかった」 コンプレックス告白&整形疑惑を否定

自身のマイナス思考に触れ、「今年こそ変わりたい」と抱負を掲げています。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 元でんぱ組.incの最上もがさんが2月10日、「全くモテなかったし、ダサかった」という高校時代の写真をブログで公開。容姿へのコンプレックスを明かすとともに、一部で声の上がっている整形疑惑を否定しました。

最上もが 整形 元の顔 二重 メイク 現在の最上さん(画像は最上もがオフィシャルブログから)

 2019年12月以来、およそ2カ月ぶりにブログを更新した最上さん。自身のネガティブな考え方に頭を悩ませているようで、「今年こそ変わりたい」との抱負を掲げながら、「なぜこんなに根強い? マイナス思考だったのか」について説明しています。

 最上さんによると、幼少期は自他ともに認めるかわいらしい女の子だったといいますが、高校時代は目や口元にコンプレックスがあり、自身のことを1ミリもかわいいとは思えなかったとのこと。自分で服を買ったことがなく、親の教育方針でメイクも禁止されていたといいます。

最上もが 整形 元の顔 二重 メイク 高校時代の写真(画像は最上もがオフィシャルブログから)

 でんぱ組.incに加入した2011年は、ちょうどつけまつ毛がブームだったこともあり、「メンバーもほとんどつけてたし、カラコンもしてて、目がデカくなる! 目つきもマシになる! メイクの力すげえ!! となりました」とメイクの効果を実感。しかし、アイドルとして活動を始めた当初は、元来のネガティブ思考が首をもたげ「そもそもこんな自信のない人間が表に出るべきではないだろう」との考えが浮かぶこともあったようです。

 自分を推してくれるファンとの交流を重ねるうちに、少しずつ自信がついてきたという最上さんですが、同時にアンチからの声も届くように。容姿に対する誹謗中傷を受ける中で自信をなくしてしまい、ライブやリリースイベントも欠席するようになってしまいます。

最上もが 整形 二重 メイク ブログ 2013年頃の最上さん。コンプレックスから上唇をコンシーラーで隠している(画像は最上もがオフィシャルブログから)

 ブログでは、そういったアンチからの声に対して、「ハッキリいっておきますが、整形はしたことありません」と強く否定。当時は寝る時間もお金もなかったと明かしながら、二重まぶたについては「つけまつ毛をずっとつけて癖がついたのと、年を重ねてまぶたが痩せたからです」と説明しています。

 また整形に対しては、「いまは整形に対する世間の反応も穏やかだし、ぼくも整形に対しては嫌なイメージはないです」とし、「何度も考えたことはありましたし、今後やることがあるかもしれませんが、そのときはちゃんとご報告します。恥だとも思わないし」と考えを表明。「改めて、好きになってくれる人、応援してくれるみんなを大切にしていきたい。そして、同じような悩みを抱えてる子たちに、大丈夫だよって伝えていきたい」と締めくくりました。

関連キーワード

最上もが | 高校 | 写真 | 考え方


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」