ニュース
» 2020年02月12日 19時30分 公開

最上もが、高校時代は「全くモテなかったし、ダサかった」 コンプレックス告白&整形疑惑を否定

自身のマイナス思考に触れ、「今年こそ変わりたい」と抱負を掲げています。

[川上酒乃,ねとらぼ]

 元でんぱ組.incの最上もがさんが2月10日、「全くモテなかったし、ダサかった」という高校時代の写真をブログで公開。容姿へのコンプレックスを明かすとともに、一部で声の上がっている整形疑惑を否定しました。

最上もが 整形 元の顔 二重 メイク 現在の最上さん(画像は最上もがオフィシャルブログから)

 2019年12月以来、およそ2カ月ぶりにブログを更新した最上さん。自身のネガティブな考え方に頭を悩ませているようで、「今年こそ変わりたい」との抱負を掲げながら、「なぜこんなに根強い? マイナス思考だったのか」について説明しています。

 最上さんによると、幼少期は自他ともに認めるかわいらしい女の子だったといいますが、高校時代は目や口元にコンプレックスがあり、自身のことを1ミリもかわいいとは思えなかったとのこと。自分で服を買ったことがなく、親の教育方針でメイクも禁止されていたといいます。

最上もが 整形 元の顔 二重 メイク 高校時代の写真(画像は最上もがオフィシャルブログから)

 でんぱ組.incに加入した2011年は、ちょうどつけまつ毛がブームだったこともあり、「メンバーもほとんどつけてたし、カラコンもしてて、目がデカくなる! 目つきもマシになる! メイクの力すげえ!! となりました」とメイクの効果を実感。しかし、アイドルとして活動を始めた当初は、元来のネガティブ思考が首をもたげ「そもそもこんな自信のない人間が表に出るべきではないだろう」との考えが浮かぶこともあったようです。

 自分を推してくれるファンとの交流を重ねるうちに、少しずつ自信がついてきたという最上さんですが、同時にアンチからの声も届くように。容姿に対する誹謗中傷を受ける中で自信をなくしてしまい、ライブやリリースイベントも欠席するようになってしまいます。

最上もが 整形 二重 メイク ブログ 2013年頃の最上さん。コンプレックスから上唇をコンシーラーで隠している(画像は最上もがオフィシャルブログから)

 ブログでは、そういったアンチからの声に対して、「ハッキリいっておきますが、整形はしたことありません」と強く否定。当時は寝る時間もお金もなかったと明かしながら、二重まぶたについては「つけまつ毛をずっとつけて癖がついたのと、年を重ねてまぶたが痩せたからです」と説明しています。

 また整形に対しては、「いまは整形に対する世間の反応も穏やかだし、ぼくも整形に対しては嫌なイメージはないです」とし、「何度も考えたことはありましたし、今後やることがあるかもしれませんが、そのときはちゃんとご報告します。恥だとも思わないし」と考えを表明。「改めて、好きになってくれる人、応援してくれるみんなを大切にしていきたい。そして、同じような悩みを抱えてる子たちに、大丈夫だよって伝えていきたい」と締めくくりました。

関連キーワード

最上もが | 高校 | 写真 | 考え方


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた