ニュース
» 2020年02月17日 18時45分 公開

普通の女の子どころじゃねぇ! 元キャンディーズ伊藤蘭、年齢を感じさせない存在感でキャンディーズの名曲を熱唱

「いまは楽しく、幸せな思い出ばかり。スーさん、ミキさんに感謝」

[ADAKEN,ねとらぼ]

 1970年代のアイドルシーンをけん引したアイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバーで、現在はソロ歌手として活動する伊藤蘭さんのコンサートツアー「伊藤 蘭コンサート・ツアー2020 〜My Bouquet & My Dear Candies!〜」が2月15日からスタート。

 幕開けとなった新宿文化センターのステージでは、キャンディーズ時代の懐かしのナンバーや2019年5月リリースのソロデビューアルバム「My Bouquet」の楽曲を披露し、長年のファンたちによる“ランちゃん”コールが起こるなど、心地良い熱気に包まれました。

伊藤蘭 コンサートツアー キャンディーズ 色あせない美ぼうと歌唱力を披露した伊藤さん

 ピンクレディーとともに1970年代のアイドルシーンをけん引したキャンディーズ。“ラン”の愛称で親しまれた伊藤さんは1978年のグループ解散後、41年の時をへて2019年にソロ歌手としてデビュー。「My Bouquet」の1曲目に収録されている「Wink Wink」で始まった今回のツアーでは、ピンクの衣装で登場した伊藤さんが軽やかな歌声を響かせると、客席から「ランちゃーん!」の声援があがる場面も。「皆さんに最高の時間を過ごしていただけるように、一生懸命、歌います」とあいさつした後、オトナのムードを漂わせる「ミモザのときめき」「恋とカフェインとスイーツと猫舌」を披露しました。

伊藤蘭 コンサートツアー キャンディーズ 大人のムード漂うライブに

 純白のドレスに着替えた後は、「時間を巻き戻して、若き日に作詞した曲を」と話し、自身がキャンディーズ時代に作詞を手掛けた「恋がひとつ」「アンティック・ドール」を披露(アンティック・ドールは作曲も伊藤さん)。いずれもシングル化されていないアルバム収録曲とあって、思わず聴き入った観客も多かったようです。

 その後も「危い土曜日」「その気にさせないで」「ハートのエースが出てこない」「哀愁のシンフォニー」など懐かしのシングル曲を立て続けに歌うと、“ランちゃん”コールとともにファンは大合唱。当時を再現した振り付けやステージングに伊藤さんも「懐かしい曲ばかりですが、皆さんと一緒に歌っていると全然古い歌に感じないですね」と笑顔で語る場面も見られました。

伊藤蘭 コンサートツアー キャンディーズ 純白のドレスもいい
伊藤蘭 コンサートツアー キャンディーズ ちゃめっ気もあの頃のまま

 ライブ後半も「やさしい悪魔」「年下の男の子」「暑中お見舞申し上げます」「春一番」などキャンディーズの大ヒットナンバーを熱唱し、40数年前に戻ったような独特な熱狂を生んだ伊藤さん。「あの頃は若さ故の葛藤や悩みがあった」と振り返りつつも、「いまは楽しく、幸せな思い出ばかりです。ここに集まってくださった皆さん、そして、スーさん(田中好子さん)、ミキさん(藤村美樹さん)に感謝を伝えたいです」と、キャンディーズとしてともに過ごした2人への思いを込めながら、キャンディーズのラストシングル「微笑がえし」を熱唱。アンコールでは、2011年に急逝した田中さん作詞作曲の「Please Come Again」を歌い上げました。

伊藤蘭 コンサートツアー キャンディーズ アンコールの締めはスーちゃん作詞作曲の「Please Come Again」

 ネットでは、「めちゃくちゃ素敵」「65歳って嘘でしょ? 可愛すぎでしょー」「変わらず素敵です。あんな風に年を重ねたいです」「これは紅白も可能性あるんでは」など、年齢を感じさせない美ぼうに驚きの声が上がっています。なお、コンサートツアーはこの後、大阪、名古屋、広島、福岡、香川、札幌、仙台と回り、ファイナルとなる4月16日は東京「LINE CUBE SHIBUYA」で開催予定。あの懐かしい時間に会いに行きたいですね。


ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン