ニュース
» 2020年02月17日 18時45分 公開

普通の女の子どころじゃねぇ! 元キャンディーズ伊藤蘭、年齢を感じさせない存在感でキャンディーズの名曲を熱唱

「いまは楽しく、幸せな思い出ばかり。スーさん、ミキさんに感謝」

[ADAKEN,ねとらぼ]

 1970年代のアイドルシーンをけん引したアイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバーで、現在はソロ歌手として活動する伊藤蘭さんのコンサートツアー「伊藤 蘭コンサート・ツアー2020 〜My Bouquet & My Dear Candies!〜」が2月15日からスタート。

 幕開けとなった新宿文化センターのステージでは、キャンディーズ時代の懐かしのナンバーや2019年5月リリースのソロデビューアルバム「My Bouquet」の楽曲を披露し、長年のファンたちによる“ランちゃん”コールが起こるなど、心地良い熱気に包まれました。

伊藤蘭 コンサートツアー キャンディーズ 色あせない美ぼうと歌唱力を披露した伊藤さん

 ピンクレディーとともに1970年代のアイドルシーンをけん引したキャンディーズ。“ラン”の愛称で親しまれた伊藤さんは1978年のグループ解散後、41年の時をへて2019年にソロ歌手としてデビュー。「My Bouquet」の1曲目に収録されている「Wink Wink」で始まった今回のツアーでは、ピンクの衣装で登場した伊藤さんが軽やかな歌声を響かせると、客席から「ランちゃーん!」の声援があがる場面も。「皆さんに最高の時間を過ごしていただけるように、一生懸命、歌います」とあいさつした後、オトナのムードを漂わせる「ミモザのときめき」「恋とカフェインとスイーツと猫舌」を披露しました。

伊藤蘭 コンサートツアー キャンディーズ 大人のムード漂うライブに

 純白のドレスに着替えた後は、「時間を巻き戻して、若き日に作詞した曲を」と話し、自身がキャンディーズ時代に作詞を手掛けた「恋がひとつ」「アンティック・ドール」を披露(アンティック・ドールは作曲も伊藤さん)。いずれもシングル化されていないアルバム収録曲とあって、思わず聴き入った観客も多かったようです。

 その後も「危い土曜日」「その気にさせないで」「ハートのエースが出てこない」「哀愁のシンフォニー」など懐かしのシングル曲を立て続けに歌うと、“ランちゃん”コールとともにファンは大合唱。当時を再現した振り付けやステージングに伊藤さんも「懐かしい曲ばかりですが、皆さんと一緒に歌っていると全然古い歌に感じないですね」と笑顔で語る場面も見られました。

伊藤蘭 コンサートツアー キャンディーズ 純白のドレスもいい
伊藤蘭 コンサートツアー キャンディーズ ちゃめっ気もあの頃のまま

 ライブ後半も「やさしい悪魔」「年下の男の子」「暑中お見舞申し上げます」「春一番」などキャンディーズの大ヒットナンバーを熱唱し、40数年前に戻ったような独特な熱狂を生んだ伊藤さん。「あの頃は若さ故の葛藤や悩みがあった」と振り返りつつも、「いまは楽しく、幸せな思い出ばかりです。ここに集まってくださった皆さん、そして、スーさん(田中好子さん)、ミキさん(藤村美樹さん)に感謝を伝えたいです」と、キャンディーズとしてともに過ごした2人への思いを込めながら、キャンディーズのラストシングル「微笑がえし」を熱唱。アンコールでは、2011年に急逝した田中さん作詞作曲の「Please Come Again」を歌い上げました。

伊藤蘭 コンサートツアー キャンディーズ アンコールの締めはスーちゃん作詞作曲の「Please Come Again」

 ネットでは、「めちゃくちゃ素敵」「65歳って嘘でしょ? 可愛すぎでしょー」「変わらず素敵です。あんな風に年を重ねたいです」「これは紅白も可能性あるんでは」など、年齢を感じさせない美ぼうに驚きの声が上がっています。なお、コンサートツアーはこの後、大阪、名古屋、広島、福岡、香川、札幌、仙台と回り、ファイナルとなる4月16日は東京「LINE CUBE SHIBUYA」で開催予定。あの懐かしい時間に会いに行きたいですね。


ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた