「ヒーリングっど プリキュア」はここがすごい “3つの注目ポイント”から振り返るサラリーマン、プリキュアを語る(1/2 ページ)

「ヒーリングっど プリキュア」。僕の“こころの肉球”にキュンときました。

» 2020年02月20日 18時00分 公開
[kasumiねとらぼ]

 「ヒーリングっど プリキュア」。ものすごいアニメが始まりました。「これはひょっとすると数カ月後には子どもも大人も巻き込んで、とんでもないムーブメント巻き起こすのかもしれない……」。そう感じさせるに十分なハイクオリティーなスタートとなりました。

 「どうせいつものプリキュアだろう」と思ってスルーしようとしているそこの君! もったいないですよ! 日曜日の8時30分にすっごいものが見られますよ!

※タイトルの正式名は「プリキュア」の前にハートマーク

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



ヒーリングっど プリキュア ヒープリ キュアフォンテーヌ キュアスパークル キュアグレース 花寺のどか 沢泉ちゆ 平光ひなた ヒーリングっど プリキュアと妖精たち。プリキュアは左からキュアフォンテーヌ、キュアスパークル、キュアグレース

ヒーリングっど プリキュア

 2020年2月2日。プリキュアシリーズ第17作目「ヒーリングっど プリキュア」がスタートしました。キャッチコピーは「手と手でキュン!ハートつないで地球をお手当て!」。「地球のお医者さん」をモチーフにキュアグレース、キュアフォンテーヌ、キュアスパークルの3人のプリキュアが活躍します。

 襟を立て白衣をイメージしたコスチュームの造形もすてきですし(変身シーンで白衣がバッとなるのがカッコイイ!)、常に武器を持って戦うスタイル、変身前のキャラクターの髪の色がピンクや黄色などの原色ではなく、比較的落ち着いた色であることもすてきポイントの1つです(変身前の髪が地味めだとプリキュアに変身した後がよりゴージャスに見えますし、何より変身前の姿もまたかわいいですし)。

ヒーリングっど プリキュア ヒープリ キュアフォンテーヌ キュアスパークル キュアグレース 花寺のどか 沢泉ちゆ 平光ひなた 変身前のキャラクターの髪がピンクや青じゃないのもヒープリの特徴

 物語的には(第3話までは)、プリキュアの王道を突き進みますが「王道の物語がなぜ面白いのかというと、面白いから王道になったのだ」を地で行く面白さです。

 前作「スター☆トゥインクルプリキュア」が切れの良い変化球でバッタバッタと三振を取るタイプのピッチャーだったとすると、今作「ヒーリングっど プリキュア」は、160キロのストレートでねじ伏せる剛腕ピッチャーって感じです。

 まだ第3話終了の段階なのですが、その密度の濃いこと! もう20話くらい見たんじゃないか、と思うレベルの内容がたった3話の中にぎっしりと詰まっていました。

 「なぜ自分はプリキュアになりたいのか?」「妖精との絆」「大切なものを守る」など、プリキュアのエッセンスがぎゅうぎゅうに詰まっていたのです。


花寺のどかはかつて病弱だった

 今作の主人公ピンクのプリキュア、キュアグレースに変身するのは「花寺のどか」。すこやか市に引っ越してきた中学2年生の女の子です。第1話で「やっと自由に走れるようになった」との言及があるように、病弱で満足に走ることともできなかった過去があり、その反動で今は人一倍「誰かの役に立ちたい」思いでいっぱいのようです。

ヒーリングっど プリキュア ヒープリ キュアフォンテーヌ キュアスパークル キュアグレース 花寺のどか 沢泉ちゆ 平光ひなた 主人公の花寺のどか。すこやか市に転校してくる

 主人公のプリキュアにここまで明確に「身体的な特徴」を付与したのは、プリキュアでは珍しいことだと思います。「かつて病気で苦しみ満足に動けなかった女の子がプリキュアになって大活躍する」のは、今病気で苦しんでいる子どもたち、入院をしている子どもたちにも大きな勇気を与えてくれるものと思われます。もちろんそれ以外の子どもたちにも病気について考える良いきっかけになるのではないでしょうか(自分の子育ての経験上、子どもって免疫力がまだ弱く病気にかかりやすいのですよね)。

 (作中ではお医者さんカバンを模したアイテムや聴診器型のアイテムも登場し、子どもたちへお医者さんへの憧れも喚起しています。現実世界では医科大学の女性差別が露見している今、プリキュアがこの先の入試差別改善に少しでも力になれると良いですね)

ヒーリングっど プリキュア ヒープリ キュアフォンテーヌ キュアスパークル キュアグレース 花寺のどか 沢泉ちゆ 平光ひなた 花寺のどかは、かつて病弱で満足に走ることができなかった

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」