連載
» 2020年02月20日 18時00分 公開

「ヒーリングっど プリキュア」はここがすごい “3つの注目ポイント”から振り返るサラリーマン、プリキュアを語る(1/2 ページ)

「ヒーリングっど プリキュア」。僕の“こころの肉球”にキュンときました。

[kasumi,ねとらぼ]

 「ヒーリングっど プリキュア」。ものすごいアニメが始まりました。「これはひょっとすると数カ月後には子どもも大人も巻き込んで、とんでもないムーブメント巻き起こすのかもしれない……」。そう感じさせるに十分なハイクオリティーなスタートとなりました。

 「どうせいつものプリキュアだろう」と思ってスルーしようとしているそこの君! もったいないですよ! 日曜日の8時30分にすっごいものが見られますよ!

※タイトルの正式名は「プリキュア」の前にハートマーク

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。



ヒーリングっど プリキュア ヒープリ キュアフォンテーヌ キュアスパークル キュアグレース 花寺のどか 沢泉ちゆ 平光ひなた ヒーリングっど プリキュアと妖精たち。プリキュアは左からキュアフォンテーヌ、キュアスパークル、キュアグレース

ヒーリングっど プリキュア

 2020年2月2日。プリキュアシリーズ第17作目「ヒーリングっど プリキュア」がスタートしました。キャッチコピーは「手と手でキュン!ハートつないで地球をお手当て!」。「地球のお医者さん」をモチーフにキュアグレース、キュアフォンテーヌ、キュアスパークルの3人のプリキュアが活躍します。

 襟を立て白衣をイメージしたコスチュームの造形もすてきですし(変身シーンで白衣がバッとなるのがカッコイイ!)、常に武器を持って戦うスタイル、変身前のキャラクターの髪の色がピンクや黄色などの原色ではなく、比較的落ち着いた色であることもすてきポイントの1つです(変身前の髪が地味めだとプリキュアに変身した後がよりゴージャスに見えますし、何より変身前の姿もまたかわいいですし)。

ヒーリングっど プリキュア ヒープリ キュアフォンテーヌ キュアスパークル キュアグレース 花寺のどか 沢泉ちゆ 平光ひなた 変身前のキャラクターの髪がピンクや青じゃないのもヒープリの特徴

 物語的には(第3話までは)、プリキュアの王道を突き進みますが「王道の物語がなぜ面白いのかというと、面白いから王道になったのだ」を地で行く面白さです。

 前作「スター☆トゥインクルプリキュア」が切れの良い変化球でバッタバッタと三振を取るタイプのピッチャーだったとすると、今作「ヒーリングっど プリキュア」は、160キロのストレートでねじ伏せる剛腕ピッチャーって感じです。

 まだ第3話終了の段階なのですが、その密度の濃いこと! もう20話くらい見たんじゃないか、と思うレベルの内容がたった3話の中にぎっしりと詰まっていました。

 「なぜ自分はプリキュアになりたいのか?」「妖精との絆」「大切なものを守る」など、プリキュアのエッセンスがぎゅうぎゅうに詰まっていたのです。


花寺のどかはかつて病弱だった

 今作の主人公ピンクのプリキュア、キュアグレースに変身するのは「花寺のどか」。すこやか市に引っ越してきた中学2年生の女の子です。第1話で「やっと自由に走れるようになった」との言及があるように、病弱で満足に走ることともできなかった過去があり、その反動で今は人一倍「誰かの役に立ちたい」思いでいっぱいのようです。

ヒーリングっど プリキュア ヒープリ キュアフォンテーヌ キュアスパークル キュアグレース 花寺のどか 沢泉ちゆ 平光ひなた 主人公の花寺のどか。すこやか市に転校してくる

 主人公のプリキュアにここまで明確に「身体的な特徴」を付与したのは、プリキュアでは珍しいことだと思います。「かつて病気で苦しみ満足に動けなかった女の子がプリキュアになって大活躍する」のは、今病気で苦しんでいる子どもたち、入院をしている子どもたちにも大きな勇気を与えてくれるものと思われます。もちろんそれ以外の子どもたちにも病気について考える良いきっかけになるのではないでしょうか(自分の子育ての経験上、子どもって免疫力がまだ弱く病気にかかりやすいのですよね)。

 (作中ではお医者さんカバンを模したアイテムや聴診器型のアイテムも登場し、子どもたちへお医者さんへの憧れも喚起しています。現実世界では医科大学の女性差別が露見している今、プリキュアがこの先の入試差別改善に少しでも力になれると良いですね)

ヒーリングっど プリキュア ヒープリ キュアフォンテーヌ キュアスパークル キュアグレース 花寺のどか 沢泉ちゆ 平光ひなた 花寺のどかは、かつて病弱で満足に走ることができなかった

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」