ニュース
» 2020年02月20日 17時16分 公開

カドカワなど出版4社、Cloudflareを相手取った訴訟での和解を公表

複数の海賊版サイトについて、Cloudflareからの送信差し止めを求めて起こしていた訴訟でした。

[ねとらぼ]

 KADOKAWA、講談社、集英社、小学館は2月20日、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)サービスを提供する米Cloudflareを相手取った訴訟で和解していたことを発表しました

発表文

 訴訟は2018年8月に東京地方裁判所で起こされたもの。4社は複数の海賊版サイトについて、Cloudflareからの送信差し止めを求めていました。2019年6月時点で、「4社が指摘した海賊版サイトにおいて、著作権侵害が行われていると裁判所が判断した場合、CF(Cloudflare)社は、日本国内にあるCF社のサーバへの当該サイトの複製を中止する」という条件で和解が成立したとしています。

 Cloudflareは、閲覧者の場所に近接したサーバからWebサイトの複製データを配信することで高速かつ安定した通信を実現するサービスを提供。和解条件が履行され、日本国内にあるCloudflareのサーバで海賊版サイトの複製を中止した場合、日本から当該のサイトにアクセスしようとすると、海賊版のデータが置かれた元のサーバまでデータを取りに行く必要があるため、遠隔地までアクセスする必要が生じ、アクセスの集中も生じることになるといいます。

 4社は、これまでCloudflareを利用していた複数の海賊版サイトについて同様のスキームを実行・準備していたものの、並行して米国で訴訟を提起した段階でサイトが閉鎖され、一定の効果があったため和解については公表を見合わせていたと説明しています。

 しかし海賊版サイトがCloudflareのサービスを利用しようとする動きが続いていることから、「海賊版サイト運営者に対し、CF社との間ですでに対応策が構築されていることを知らしめることが警告になる」との考えから公表に至ったとしています。

 Cloudflareは漫画村も利用していたことで知られる業者。2020年1月には、竹書房が同社を相手取り、著作権侵害ページの削除と損害賠償を求める民事訴訟を提起したことを発表しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.