ニュース
» 2020年02月22日 18時30分 公開

「バトルコマンダー 八武衆修羅の兵法」が人にはおすすめしにくいけど俺は大好きなんだ、という話今日書きたいことはこれくらい(2/2 ページ)

[しんざき,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

「ただ遊びにくい」だけではない面白さ

 しかし。

 しかしですね。このゲーム、そのへんの仕様をざっくり理解して、ある程度自分の思い通りにゲームを展開できるようになってくると、めちゃくちゃ面白くなってくるんですよ。

 もっと具体的に言うと、「男の子回路」が死ぬほど刺激される。

 例えば、「フライヤーを単独先行させて敵を早期に発見、範囲攻撃でボコる」であるとか。

 「少数精鋭の部隊で拠点を確保、ステルサーで塹壕を設置して防衛拠点にする」であるとか。

 「必要なねんりょうパックや救急セットを複数の生産ラインで生産して兵站を展開する」であるとか。

 「みんなにそらセットを持たせて敵の拠点を高速強襲する」であるとか。

 できる遊びの範囲がものすごく広い。だから、うまいことハマる「ノウハウ」を発見できたときの達成感とか、俺うまくできた感がものすごいわけです。まあ最終的には、「中立都市だけ占領しつつ、自軍GHQの傍で待ち伏せして敵の指揮官をひたすらたたき返す」ことが最適解になるマップが多いんですけど。


しんざき バトルコマンダー 防衛や兵器開発といった内政要素もあり、戦略の幅がものすごく広い

 あと、個人的に「補給」っていう概念がものすごく好きなんで、補給がうまく回ったときの快感がすごい。備蓄物資がちゃんと順調に蓄積されているのを見るだけでなんか胸が熱くなるんです。だんがんセットがちょっと足りないからライン1つ回して増産しようとか、そういうやりくりすごい好き。

 複雑だからこそ、試行錯誤の幅が広い。そして、手間が掛かるからこそ、うまくいったときの達成感が大きい。

 そういう意味で、バトルコマンダーは決して「ただ遊びにくい」だけの作品ではなく、「ハマれる人はものすごくハマれる」作品であることは強く強く主張したいところなんです。

 ただ、それだけに、細かいアラは本当に惜しい。八つの職業間のバランスが悪い(ファイターやマリナーはほとんど使いどころも使う意味もない)とか、魔神族の性能がつらすぎるとか、シナリオが途中から三種族ほぼ一緒になってしまうとか、細かい誤字とかバグとか超惜しい。

 あとこのゲームについてよく言われることで、「なぜか機動族だけ名前が妙な感じにアレンジされている」というものがありまして、これ何かよく分からない開発事情があったのかと思っているんですが、ZZコンセントレータ(集中型?)とか、ガンダムF91HD(高密度? 高精度?)とかハイドサザビーとかメイスケンプファーとか、謎のオリジナリティーが出ててけっこう好きでした。っていうかνガンダムにIVとかありましたっけ?


しんざき バトルコマンダー なぜか妙なオリジナル設定が付加されている機動族(だがそこがいい)

 ということで、長々と語ってまいりました。

 最後に私が書きたかったことを簡単にまとめますと、

  • バトルコマンダーは面白いし個人的には大好きだけどハードルが高すぎて人におすすめはしにくい
  • ZZコンセントレータっていうよく分からんオリジナルネーミング俺は割と大好き
  • 補給・兵站をしっかり考えて回さないといけないゲームがとても好き
  • 日出族はまだしも、魔神族の扱いひどすぎるのでは?(ユニット性能もかなりつらい)
  • 説明書の「あまり調子に乗って特訓ばかりさせないでください」っていうドライな警告がいい味出してる

 そんな感じになるわけです。よろしくお願いします。

 今日書きたいことはこれくらいです。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」