ニュース
» 2020年02月24日 13時00分 公開

気象データから成形する「サイバー和菓子」が登場 六本木ヒルズのレストランで期間限定メニューに

成形シーンがかっこいい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 気象データをもとに成形した食べられる「サイバー和菓子」が登場。六本木ヒルズのレストラン「THE MOON」にて2月29日から期間限定で提供されます。


オープンミールズ サイバー和菓子 気象データ 3Dプリンター サイバー和菓子

 電通の社内横断フードテック・プロジェクト「OPEN MEALS」プロデュースによるもの。サイバー和菓子は、気象データをもとに独自の変換アルゴリズムを開発し、3Dプリンターで成形します。

 気圧、風速、気温などに応じて和菓子の形や色が変わるので、当日の東京の「空」を目と舌で楽しめます。趣のある未来型の食体験が味わえるかも?


オープンミールズ サイバー和菓子 気象データ 3Dプリンター サイバー和菓子の成形シーン

オープンミールズ サイバー和菓子 気象データ 3Dプリンター 気象データ変換アルゴリズム

 レストランでの提供は、都内各所を舞台に最先端のアートなどが集結するテクノロジーアートの祭典「Media Ambition Tokyo」の一環。3月29日までの1カ月間限定で、メニューは「高気圧」(抹茶と最中付き)と 「低気圧」(抹茶と最中付き)の2種類。価格は各3000円(税別)で、限定個数&完全予約制での提供となります。詳しくは店舗サイトにて。

 OPEN MEALSは、企業や大学との共創を通じて未来の食体験の発信と、新たな食産業の創出を目指すクリエイティブ集団。以前には特殊なプリンターが作る「ドットずし」が話題になりました。


 さらに今回得られた成形技術を検証し、将来的には超未来型レストラン構想「寿司シンギュラリティ」へと応用し、「超未来すし屋」の展開に生かしていくとしてます。よく分からないけど、なんだかすごそうだ!


オープンミールズ サイバー和菓子 気象データ 3Dプリンター サイバー和菓子 共創チームメンバー(五十音順・敬称略)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.