ニュース
» 2020年02月24日 13時00分 公開

気象データから成形する「サイバー和菓子」が登場 六本木ヒルズのレストランで期間限定メニューに

成形シーンがかっこいい。

[宮原れい,ねとらぼ]

 気象データをもとに成形した食べられる「サイバー和菓子」が登場。六本木ヒルズのレストラン「THE MOON」にて2月29日から期間限定で提供されます。


オープンミールズ サイバー和菓子 気象データ 3Dプリンター サイバー和菓子

 電通の社内横断フードテック・プロジェクト「OPEN MEALS」プロデュースによるもの。サイバー和菓子は、気象データをもとに独自の変換アルゴリズムを開発し、3Dプリンターで成形します。

 気圧、風速、気温などに応じて和菓子の形や色が変わるので、当日の東京の「空」を目と舌で楽しめます。趣のある未来型の食体験が味わえるかも?


オープンミールズ サイバー和菓子 気象データ 3Dプリンター サイバー和菓子の成形シーン

オープンミールズ サイバー和菓子 気象データ 3Dプリンター 気象データ変換アルゴリズム

 レストランでの提供は、都内各所を舞台に最先端のアートなどが集結するテクノロジーアートの祭典「Media Ambition Tokyo」の一環。3月29日までの1カ月間限定で、メニューは「高気圧」(抹茶と最中付き)と 「低気圧」(抹茶と最中付き)の2種類。価格は各3000円(税別)で、限定個数&完全予約制での提供となります。詳しくは店舗サイトにて。

 OPEN MEALSは、企業や大学との共創を通じて未来の食体験の発信と、新たな食産業の創出を目指すクリエイティブ集団。以前には特殊なプリンターが作る「ドットずし」が話題になりました。


 さらに今回得られた成形技術を検証し、将来的には超未来型レストラン構想「寿司シンギュラリティ」へと応用し、「超未来すし屋」の展開に生かしていくとしてます。よく分からないけど、なんだかすごそうだ!


オープンミールズ サイバー和菓子 気象データ 3Dプリンター サイバー和菓子 共創チームメンバー(五十音順・敬称略)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む