ニュース
» 2020年02月25日 19時30分 公開

ツッコミ(ビシッ)→テロップ「暴力を助長する意図は含まれておりません」 1コマ漫画「配慮の過剰なお笑い」にマジでこうなりそうの声

「安心してお楽しみください」

[宮原れい,ねとらぼ]

 テレビの漫才中にやたらと文字量の多いテロップが流れる、1コマ漫画「配慮の過剰なお笑い」がTwitterで反響を呼んでいます。ひとつのツッコミのために約200文字のテロップが流れる世界……。



 お笑いコンビのツッコミの方が「って、バカ野郎」とボケの頭をビシッとたたいた瞬間、どういう意図を持って相方の頭を叩いたのか、また彼ら2人の関係性や、私生活での仲までがテロップで解説されます(※以下)。……なるほどなるほど、ツッコミ側はボケの人を本当にバカだと思ってたたいてないし、分かりやすい笑いの表現の1つとしてたたいてるのか! って、バカ野郎ッ!


1コマ 漫画 ギャグ 配慮の過剰なお笑い ツッコミ テロップ テレビ 将来 255

「これはあくまでお笑いにおける『ツッコミ』」であり、暴力を助長する意図は含まれておりません。2人はプライベートでも仲が良く、幼稚園生の頃から家族ぐるみでの付き合いもあるとか。『バカ野郎』と叩いてはいますが、ツッコミの田中さんは学生時代 ボケの高橋さんによく勉強を教わっており、本人のいないところでは『あいつは凄ぇよ。天才だ』と褒めていたそうです。深い信頼関係のある2人です。安心してお楽しみください。」(漫画内のテロップ引用)

 作者は、さまざまなゆるくてシュールなギャグ作品を生み出している漫画家の255(@nikokosan)さん。以前には“珪藻土マット”の異様な吸水力に驚く漫画を描いて話題になりました(関連記事)。



 コメントでは「これはこれで面白い」と笑う声がありながら、「将来なりそうで笑えない」「笑い事じゃなくなってきてる」と内容を皮肉として受け取る声も少なくなく、「単純に最近は叩くツッコミ減ってきてますよね」という指摘も。言われてみると、将来というよりすでにこの世界になっている……?

 255さんはTwitterで1コマ漫画を「#255の人」のハッシュタグなどで多く公開しており、コミックス全3巻が発売中の棒人間漫画『お話になりません』は4コマサイト「ツイ4」にて試し読みできます。その他にも『255の5コマ』や、『255のバイト4コマ』もコミックス・電子書籍で発売中です。







画像提供:255(@nikokosan)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.