ニュース
» 2020年02月25日 13時05分 公開

とあるアイドルグループ、物販で来場者にマスク着用を義務化 「マスクしていない人はチェキ手数料1000円増」に賛否の声 (1/2)

「マスクのない人は参加不能にすればいいだけ」「対策と言う名の金儲けにしか見えない」などの声

[西尾泰三,ねとらぼ]

 女性アイドルグループ「2o Love to Sweet Bullet」(トゥラブ)が2月24日、新型コロナウイルス拡散防止のため、物販でのマスク着用を義務化。併せて、着用のない場合はチェキ撮影時に別途手数料1000円を徴集すると公式Twitterで発表し、「適切な対処だと思います」「ウイルスにお金払えば大人しく帰る訳じゃない」「対策と言う名の金儲けにしか見えない」など賛否の声があがっています。


 人気グループ「嵐」が北京公演を中止やアイドルグループ「AKB48」の握手会延期、「アイドルマスター」のクルーズイベント中止など、新型コロナウイルスの感染拡大で不特定多数が集まるイベント中止の動きが広がる中、トゥラブはイベントそのものは実施するものの、来場者のマスク着用を義務化。詳細はつづられていませんが、“物販での”とあることから、ライブ中の着用については言及されていません。

 物販では、メンバーとのチェキ撮影や、それに伴うトークなどが可能なため、メンバーの感染を防ぎたい意図があるとみられますが、マスク着用を義務としつつも、マスクが入手困難な状態であることは理解した上で、着用がない場合は別途料金を徴収するだけで済むように読めるため実効性には疑問も残りますが、運営は「重々理解した上での対策」と理解を求めています。

2o Love to Sweet Bullet トゥラブ マスク 手数料 1000円 物販 チェキ 2o Love to Sweet Bulletの4人(画像は2o Love to Sweet Bullet Instagramから)

 正統派美少女をうたうトゥラブは2015年8月にデビューし、現在は4人で活動。2月15日に開催されたイベント「Girl'sBomb!!」に出演した際は、入場特典券と交換にマスク約50枚を配布する感染予防対策を採っていました。

 感染予防対策としてマスク着用を義務化すること自体には別段異論もみられませんが、メンバーの感染のみをリスクととらえている節がある点、“手数料”という言い回しへの違和などにファンは反応。「マスクのない人は参加不能にすればいいだけ」「要は『金のためならメンバーを危険に晒しても構わない』ってことですよね?」など批判的な声が相次いで寄せられています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.