ニュース
» 2020年02月27日 21時00分 公開

危うく配信事故! 柏木由紀、“街を歩いてもバレない”説を自ら検証、脅威のステルス性能を発揮してしまう (1/2)

特に変装していないのに無人の野を行くかのように誰にも声を掛けられないまま竹下通り往復を成し遂げてしまう柏木さん。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 AKB48の柏木由紀さんが2月26日、自身のYouTubeチャンネルに「【検証】街中でバレないで有名な柏木由紀は本当に街を歩いてもバレないのか?! in原宿」と題した動画を投稿。原宿の竹下通りを歩くも誰も気付かない悲劇の先にミラクルが待っていました。


 2020年2月現在、AKBの現役メンバーで最年長にして、峯岸みなみさんに次ぐ在籍期間の柏木さん。その活動歴の長さ故に街を気軽に歩くこともままならない知名度だろうと思いきや、すっぴんで現場入りした際には入り口で警備員に何度も止められたり、都心を変装なしで堂々と歩く様子を他の芸能人に明かされたり、カットモデルのスカウトを日に4回受けたことを明かすなど、人気アイドルらしからぬ部分がしばしば自虐的に語られてきました。

 そんな“伝説”を自ら検証した動画では、“街で声をかけられるまで帰れない”制約を自らに課し、ロングコートにマフラー(スヌード)、帽子といういでたちで自撮りしながら竹下通りへ。サングラスやマスクをしているわけでもないのに、無人の野を行くかのように誰にも声を掛けられないまま竹下通り往復を成し遂げてしまう柏木さん。視聴者に「今見ているこの映像こそがのちに伝説といわれる……」という思いを抱かせつつ、マフラーを取って声を張る自ら見つかりにいくスタイルで再び竹下通りに戻るも悲劇の2周目が繰り返されます。

柏木由紀 動画 YouTube 検証 「悲しいぐらい誰にもバレません」(画像はYouTubeから)

 うっすら涙目で意気消沈する柏木さんにいたたまれなくなるころ、とあるカップルが「ゆきりんですか?」とアプローチ。その男性は柏木さんにファンレターを書いたことがあり、返事にサイン色紙をもらったとのこと。しかも、男性の小学校のときの先生は柏木さんの叔父にあたる人物であることも分かりました。なんだこの超展開。

柏木由紀 動画 YouTube 検証 ようやくバレてうれしさ大爆発(画像はYouTubeから)

 “街中でバレないで有名な柏木由紀”をほぼ裏付ける結果となったこの動画のコメント欄では、「バレてる上で話しかけられないんだよ」「恐れ多すぎて声掛けられない」「撮影の邪魔になるからと思い声はかけられない」「まさか、ゆきりんが居るなんて思わない」と声が掛からない理由を推測する意見が数多く見られた他、声をかけたカップルの男性との不思議な縁にも「え、奇跡凄くない?!」とおどろく人も見られました。

五月アメボシ


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた