ニュース
» 2020年02月28日 16時30分 公開

「ファスナー合流」に効果あり 高速合流の渋滞改善、NEXCO中日本が実証結果を報告

規則正しく1台ずつ交互に。ほらそこー、いじわるして車間を詰めないように。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 渋滞時の合流は、規則正しく1台ずつ交互に──。

 NEXCO中日本は2月27日、高速道路合流時の方法「ファスナー合流」に渋滞削減効果があることを確認したと発表しました。

ファスナー合流 渋滞削減効果が……ある!?

 ファスナー合流とは、高速道路の合流地点で「1台ずつ交互に」、まるで衣類の線ファスナーのように規則正しく合流していく方法のこと。NEXCO中日本 名古屋支社が2019年11月から、名神高速道路と東海北陸自動車道が合流する一宮ジャンクション付近の名神上り線に導入した施策で効果を検証しました。

ファスナー合流 規則正しく1台ずつ交互に合流する「ファスナー合流」(画像=右)

ファスナー合流 一宮JCT付近名神上り線合流部。この場所でファスナー合流を促すように対策した施策の実効果を検証

 具体的には、本線と入路を隔てるラバーポール区間を約260メートル(対策前の100メートルから360メートルまで)延伸して合流部を短くし、なるべく「合流車線の先頭付近で合流させる」ようにしました。

 施策の運用開始から2カ月間の交通状況を年末年始期間を含めた前年同時期(12月〜1月)で比較したところ、交通量はほぼ同じながら渋滞件数の減少を確認。また、渋滞緩和によって名神高速道路と東海北陸自動車道を合わせた渋滞による損失時間も約3割減少しました。渋滞区間の平均通過時間も、名神高速道路で約13分から約10分と約3分短縮されたようです。

ファスナー合流 施策導入前と導入後、渋滞件数と交通量の比較

ファスナー合流 施策導入前と導入後、渋滞損失時間と渋滞している区間の通過時間の比較

 今回の結果を受けて、一宮ジャンクションでのファスナー合流施策を引き続き継続して、認知活動を加速させるとともに、ほかの合流部への実導入も検討していく考えです。

ファスナー合流 「ファスナー合流」の認知も進める

(カナブンさん)




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.