ニュース
» 2020年03月02日 13時17分 公開

マーベル版ウルトラマン堂々参上 コミックス『THE RISE OF ULTRAMAN』カバーイラストがいい感じにマッチョ

脚本はカイル・ヒギンズとマット・グルーム、作画は「アベンジャーズ」のフランチェスコ・マンナ。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 円谷プロと米マーベル・エンターテイメントのコラボレーションによる、ウルトラマンのマーベル・コミックス『THE RISE OF ULTRAMAN』のカバーイラストが初公開されました。アメコミテイストのウルトラマン、いい感じにマッチョだ!

THE RISE OF ULTRAMAN マーベル・コミックス ウルトラマン バルタン星人 ゴモラ ウルトラマン、マーベル・コミックに参上

 公開されたイラストは、実写版の変身シーンを思わせるウルトラマンが拳を上げて登場する様子と、バルタン星人やゴモラをバックにファイティングポーズを構えた姿の2点。米シカゴで2月29日開催された「Chicago Comic & Entertainment Expo/C2E2」で、マーベル・コミックスのC.B.セブルスキー編集長により披露されたもので、リリース予定は2020年後半としています。

THE RISE OF ULTRAMAN マーベル・コミックス ウルトラマン アメコミなウルトラマンもすてき

 第1巻の脚本は「マイティ・モーフィン・パワーレンジャー」「ウインター・ソルジャー」などで知られるカイル・ヒギンズと「セルフ/メイド」のマット・グルーム。作画は「アベンジャーズ」や「ファンタスティック・フォー」などを手掛けたフランチェスコ・マンナが担当します。

カイル・ヒギンズのコメント

 数年前、パワーレンジャーを手掛けたおかげで、特撮について勉強することができました。特撮の斬新さや閃き―特に、ウル トラマン―が、私の大きな喜びの源になっています。特撮は“可能性の塊”です。私たちが考えるスーパーヒーローの語り口まで、可能性に満ちています。


マット・グルームのコメント

 怪獣は、我々の世界の闇や恐怖の具現化として表現されてきました。しかし、円谷英二さんほど、迫りくる切実で膨大な 問題として理解している人はいませんでした。彼は、私たちの頭上に迫る暗闇を摩天楼のようなものとして想像していたのではないでしょうか。それは日常とかけ離れた、未知で、怒りに満ちているものです。しかし、彼は同時に人類が巨大怪獣に立ち向かい、戦う場面も想像したのでしょう、私 たちが最悪の衝動を乗り超えて、もっと高貴な存在を受け入れて。彼が想像したのは「ウルトラマン」でした。我々のいる複雑で、矛盾した、嘘まみれの社会において、「ウルトラマン」は何を意味しているのでしょう。それを、これから見つけ出していきたいです。



(C)2020 MARVEL (C)TSUBURAYA PRODUCTIONS CO., LTD.

ADAKEN

関連キーワード

ウルトラマン | 漫画 | イラスト | 円谷プロ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む