ニュース
» 2020年03月04日 09時04分 公開

米子医療生協、「トイレットペーパー品薄デマ」投稿者の1人が職員だったと謝罪

規定に照らして厳正な対応を検討すると述べています。

[ねとらぼ]

 米子医療生協は3月3日、SNSで「新型コロナウイルスの影響でトイレットペーパーが品薄になる」というデマを投稿していた1人が、同組合の職員だったとして謝罪しました

謝罪文

 「当組合の職員の極めて不適切な行為により多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」とし、当該の職員には組合の規定に照らして厳正な対応を検討すると述べています。

 2月末ごろから、「新型コロナウイルスの影響でトイレットペーパーが中国から輸入されなくなる」「原材料がマスクの製造に回されるためトイレットペーパーが不足する」といったデマが広がり、店頭でトイレットペーパーやティッシュペーパーが品切れになる時代が続いています。日本家庭紙工業会は、トイレットペーパー・ティッシュペーパーの供給・在庫は十分にあるとの声明を発表しています。

トイレットペーパーが売り切れた店舗(編集部撮影)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.