ニュース
» 2020年03月04日 21時15分 公開

休校中の子どもにおうち内通貨「ママペイ」 お母さん自作のお手伝い促進アイデアが面白い

「夜8時までにふろ入る」で50ペイもらえます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 Twitterで「#休校中におすすめの過ごし方」(関連記事)として投稿された、お母さんによる子どもをやる気にさせるアイデア「ママペイ」が、子どもの生活リズムの安定や自主的なお手伝いを促してくれそうなステキな発想です。



 簡単に説明すると、ポイント制のお手伝いチェックシートのようなもので、各目標をクリアするとポイントの代わりに架空通貨(単位:ペイ)がもらえます。そして貯めたペイで「好きなおやつ」や「ゲームの時間」などを買うというシステムです。お仕事体験で専用通貨がもらえる「キッザニア」みたいで楽しそう!


休校中におすすめの過ごし方 子ども ママペイ 生活習慣 キッザニア 工夫 アイデア 守ってほしい生活習慣やお手伝いを「ママペイ」がもらえる“クリア目標”として一覧に

 クリア目標一覧には、お手伝い以外にも「朝7時におきる」や「夜8時までにふろ入る」といった生活習慣も入っており、自動的に正しい生活習慣を定着させることにつながります。ちなみに一覧表は額に入れ、通貨の“ペイ”は名刺サイズのメッセージカードに手描きで作成。すべて100円ショップのアイテムで作っています。


休校中におすすめの過ごし方 子ども ママペイ 生活習慣 キッザニア 工夫 アイデア ママペイ通貨は100円ショップのメッセージカードで作成

 小学4年生と小学1年生の息子さんを持つお母さんのri(@springda321)さんが投稿。実際に兄弟2人ともハマってくれたそうで、riさんも「色々言わなくても子どもみずから行動できるようになって拍子抜けしてます」と、ビックリするほど日々の悩みが減ったようです。


休校中におすすめの過ごし方 子ども ママペイ 生活習慣 キッザニア 工夫 アイデア すごい楽しそう!

 政府の要請により、少し早めの春休みとなってしまった子どもたち。特に今は暇を持て余すことも多そうですが、自作の「ママペイ」を導入することで、お子さんの楽しみを増やすと同時に、決まった時間に寝起きするなどの健康的な生活が保たれそうです。

画像提供:@springda321さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.