レビュー
» 2020年03月08日 12時00分 公開

“推し”との別れ、どうやって乗り越えましたか? 気持ちを整理したいあなたに寄り添う同人誌『R・I・P』司書みさきの同人誌レビューノート

お別れの、その先のお話。

[みさきねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 春間近、そろそろ新番組の放送も近づき、あれこれ新作が気になる時期です。最初から気になる作品もあれば、前触れなくハマってしまう作品もありますよね。そして大好きな作品には応援したい推しのキャラクターがいて……。今回の同人誌は、大切な「推し」を天へと送ることになってしまった人へのご本です。

今回紹介する同人誌

『R・I・P』vol.1 B5 36ページ 表紙カラー・本文モノクロ

著者:ほかほかダイアモンド


同人誌 図書館 司書 「安らかに眠ってください」の意味を持つ略語“R・I・P”がタイトルです

推しと別れたときに……私はこうしたよ、のやさしい問わず語り

 ご本は対談から始まり、その中で推しとの別れについてキーポイントになる一言が語られます。「推しがいなくなっても仕事を休めない」。そう、衝撃は心の中にやってきて、外からは見えないのです。お別れの喪失感と一緒にやってくる、推しと別れても生活に変化がないという、内面と外面のギャップ。生身の付き合いをしていないからこその距離感の埋め方に戸惑うのは、相手が「推し」ならではの現象ではないでしょうか。

 そんな衝撃とギャップを抱えたときにどうしたらいいのか。物語に登場するキャラクターを大切に思い、そしてあるとき永遠の旅立ちを見送ることになってしまったお二人が、「そのときどうした?」と語り合います。花屋さんでお花を買った、クッションに突っ伏して叫ぶ、推しの好きな食べ物を見て連想する……自分がやったこと、周囲の方々から聞いたことなど、ごく身の回りでの出来事がつづられています。

同人誌 図書館 司書 「推しがいなくなって今にも心が折れそうな人に伝わるといい」の気持ちが温かいです

千差万別な衝撃に寄り添う方法はいくつ知っていてもいい

 コラムや特集で、旅行や映画、音楽など悲しみとともにある時期にやった具体的なことが次々と紹介され、四コママンガでは、「推しと別れた数か月後にハマった新たなジャンルの推しも散っていった」などのエピソードが描かれます。そうなんです。そこも推し事情にありがちな特性ですよね。推しとの別れは意外に頻繁に発生したりするのです。悲しみながらも少し客観的に見て四コマに描くコミカルさも、また一つの別れへの寄り添い方のように思います。

 推しへの思いの方向性はキャラクターや状況によって、さまざまにバリエーションがあります。だからこそ、それに寄り添う方法はいくつ知っていても知りすぎるということはありません。生身の相手とのお別れの仕方を書かれたご本は儀式のやり方含めていままでたくさん知っていますが、推しへのまとめをなぜ読んだことがなかったのか、私たちはこんなにも「推し」を推しているのに……! と思うほどに、ああ、この本が世に出てよかった! とぐっと拳を握りました。

同人誌 図書館 司書 方法が示されるありがたさ……

対面しない相手へのエールを、同人誌という形で広げて

 丸々一冊がお別れのことを取り扱っているので、推しの相手への喪失感が生々しい方の読書は、時につらいかもしれません。でも、どんなになっても好きな人のことを語りたい気持ちってあるように思います。いなくなってしまったから語れない、思うことができないって、それが一層さみしいです。

 物語から退場したとしても、推しのために何かしたい。悼む気持ちと、できればこれからも共に幸せでありたい……ご本のなかには、生存していてもいなくても、距離感は変わらないこその寄り添い方を模索するやり方がさまざまに挙げられて、それは推しがいる限り、変わらないエールのような気がしました。

 悲しみと衝撃の中で手探りするのに、指に触れるものはたくさんあったほうがいい。出会えてよかった一冊です。

同人誌 図書館 司書 衝撃が伝わるお顔……! 推しにこれからも幸あれと願います

サークル情報

サークル名:来るべき旅立ち

Twitter:@hoka2dai

Pixiv:49444260



今週の余談

 美しいものって人によって違いますよね。お花が美しい人もいれば、車が美しいと感じる人もいらして。お洋服も、メカも、風景も。美しいと思える引っ掛かりが増えるように、美しい理由をたくさん知ってみたいです。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」