タチコマやアームスーツの姿も!! Netflixオリジナルアニメ「攻殻機動隊 SAC_2045」の場面写真が初解禁

3月21日には監督&キャスト出演の生配信番組も決定。配信日などそこで解禁?

» 2020年03月12日 08時00分 公開
[西尾泰三ねとらぼ]

 神山健治×荒牧伸志両監督による新たな“攻殻機動隊”として配信が待たれるNetflixオリジナルアニメシリーズ「攻殻機動隊 SAC_2045」。草薙素子やバトー、トグサ、タチコマらがそろい踏みしている場面写真が初解禁されました。

攻殻機動隊 SAC_2045 サスティナブル・ウォー 草薙素子 バトー トグサ タチコマ ポスト・ヒューマン

 「攻殻機動隊」シリーズは、1989年に士郎正宗さんが発表した原作コミック『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を起源とし、これまでにアニメやハリウッド実写映画などさまざまな作品群が展開。原作の発表から30年以上たった現在でも色あせず、近未来SFの金字塔と呼ばれることもある作品です。

 4月に全世界独占配信(中国本土を除く)される「攻殻機動隊 SAC_2045」は、「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズを手掛けた神山さんと、「APPLESEED」シリーズの荒牧さんが共同監督としてタッグを組み製作したフル3DCGアニメーション。田中敦子さん、大塚明夫さん、山寺宏一さんら「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズのオリジナルキャストが集結することでも話題を呼んでいます。

攻殻機動隊 SAC_2045 サスティナブル・ウォー 草薙素子 バトー トグサ タチコマ ポスト・ヒューマン
攻殻機動隊 SAC_2045 サスティナブル・ウォー 草薙素子 バトー トグサ タチコマ ポスト・ヒューマン
攻殻機動隊 SAC_2045 サスティナブル・ウォー 草薙素子 バトー トグサ タチコマ ポスト・ヒューマン

 同作の舞台は2045年。大国が互いにWIN-WINになる持続可能性を模索した結果、サスティナブル・ウォーとやゆされる産業としての戦争に突入。一方で、世界同時デフォルトによりグローバルで資本主義が破綻している世界で、素子たちは内戦・紛争を渡り歩く傭兵部隊として人生を謳歌(おうか)していることがこれまでに明かされています。

 ここからどう新生公安9課の設立に至るのかなど気になるところですが、解禁された場面写真では、傭兵として活動中の草薙素子やバトー、サイボーグ専用のためか後部座席がややシェイプされた様子のタチコマなどが確認できる他、日本とみられる場所にいるトグサの姿。また、「攻殻機動隊S.A.C.」なら素子が「サイトォォォ!! そいつをよこせェェーーー!!」と絶叫しそうなアームスーツやそれに追われるイシカワの姿も確認できます。場面写真ではサイトーやパズ、ボーマ、荒巻大輔の姿は見えませんが、第2弾ティーザービジュアルでは公安9課のメインキャラクターがそろい踏みしています。

攻殻機動隊 SAC_2045 サスティナブル・ウォー 草薙素子 バトー トグサ タチコマ ポスト・ヒューマン 車に積まれるタチコマ
攻殻機動隊 SAC_2045 サスティナブル・ウォー 草薙素子 バトー トグサ タチコマ ポスト・ヒューマン アームスーツに追われる素子たち

 配信を来月に控え、具体的な配信予定日の解禁なども近いと思われますが、3月21日にNetflixアニメ公式Twitterアカウントでライブ配信されるスペシャル番組「#キミを笑顔にするアニメ」の中では、田中敦子さん、大塚明夫さん、山寺宏一さん、神山健治監督、荒牧伸志監督が出演決定(14時〜15時予定)。ここで新情報が明かされる可能性が大です。

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」