ニュース
» 2020年03月12日 15時29分 公開

RADWIMPS、8曲目となる3.11ソングを発表 新型コロナウイルスに伴う社会的混乱も反映され終末感ただよう歌詞に

「人々の姿こそウィルスよりも脅威に感じる瞬間があります」と野田さん。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 ロックバンド「RADWIMPS」が3月11日、2011年の同日に発生した東日本大震災から9年が経過したことを受けて新曲「世界の果て」をYouTubeで発表。同バンドのオフィシャルサイトでは震災発生時刻の14時46分に告知されました。


世界の果て RADWIMPS
 RADWIMPS 野田洋次郎 世界の果て 3.11ソング 2020年 MVにはどこか寂しさただよう街の風景が(画像はYouTubeから)

 RADWIMPSは震災発生の翌年の2012年から毎年3月11日ごろに楽曲を発表(2017年のみ未発表)。今回、8曲目となる“3.11ソング”に伴う野田さんのコメントでは、新型コロナウイルスによる社会的混乱について触れ、「人々の姿こそウィルスよりも脅威に感じる瞬間があります」「何かのキッカケで一気に崩れ落ちていってしまうのではないか、そんな緊迫感があります」としたうえで、「それでも、それだからこそ今年も変わらずあの3月11日に想いを巡らせ、そこに『今』の空気を混ぜて一つの曲にしたいと思いました」と曲へ込めた思いがつづられています。



 優しく、しかしどこか寂しさを感じさせる同曲の歌詞には、「明日もしもこの世界が終わんなら、それは地獄なのかワンダーランド」「襲い掛かるその終わりの、君の視界を覆い、ワンダーランドまでの短い1秒だけさよならを」といった終末感ただようフレーズが。さらに、“3.11”を暗示するように3分11秒のところで曲が突然終わります。

 野田さんはこの曲について、「なるべく素直に、思いのままに作った結果今年はこのような曲になりました。絶望感がありながら、どこかそれは懐かしく優しいものに自分は感じたのです」と説明。また、震災と現在の状況について、「年々薄れていく記憶。それでも癒えることのない傷。新たに生まれる災害。すべての痛みに向き合っていたら到底心が追いつかない時代に僕たちは生きているのかもしれません。日々の小さな幸せに、眼を向けることを忘れずに生きたいです」とつづっています。


 RADWIMPS 野田洋次郎 世界の果て 3.11ソング 2020年 8曲目の3.11ソングを発表したRADWIMPS (画像は野田洋次郎Instagramから)

 世界の終わりすら感じさせるこの曲に対しファンからは、「今ある日常がずっと続くとは限らないんだよな」「来年も“みんな”で聴けますように」「今自分に出来ることを精一杯に生きて行きたいと思います!」「自分のことも、自分以外の人たちのことも大切にして生きていきたいな」「改めて考えるきっかけをくれて、毎年ありがとう」と肯定的な意見が多く寄せられました。また、3分11秒で曲が突然終わることについて、「3.11に突然日々が終わる。悲しすぎる」「この今ある『当たり前』がいつ途切れてもおかしくないということだろうね」「こんなに急に家族や友達などの命が終わってしまうんだとハッとさせられた」などの声が寄せられました。



五月アメボシ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/12/news047.jpg 冨永愛、タクシー乗車中の事故でムチウチに 痛々しい写真公開「もし、シートベルトをしていなかったら…もっとひどい事に」
  2. /nl/articles/2106/11/news125.jpg オーブンレンジが大量に吐血!? “事件現場”にシャープも反応「ご愛用ありがとうございますが自首してください」
  3. /nl/articles/2106/10/news102.jpg 岡田義徳、0歳次男がRSウイルス感染で緊急入院 涙を流した妻・田畑智子に「一番しんどいだろうな」
  4. /nl/articles/1809/17/news031.jpg 「お前ホットケーキなんだよな?」 フライパンにしか見えないホットケーキが生成され戸惑うTwitter民
  5. /nl/articles/2106/12/news013.jpg 先輩犬に怒られた柴犬さんの表情とポーズに爆笑! 「犬ってこんな顔できるの?」「アニメみたいw」の声
  6. /nl/articles/2106/06/news003.jpg 透明標本を作るために2カ月カニの甲羅を煮込んでいたら包丁が完成 「ゾッとする」「やっぱり狂ってる」と大人気に
  7. /nl/articles/2106/11/news143.jpg 「新垣結衣さんとランチ」 小籔千豊、突然の報告にファンのツッコミが響き渡る「そっちかーーい!」「ガッキーなのは事実やけど」
  8. /nl/articles/2106/12/news007.jpg 「なんだその髪色は」 → 「疑ってすまなかった(涙)」 怖そうでみんなに好かれる体育教師の漫画がギャップ萌え
  9. /nl/articles/2106/11/news136.jpg 壇蜜、五輪聖火ランナー姿に“随分やつれてる”と心配の声 祖母逝去の精神的ダメージを告白「目まい結構ひどくって」
  10. /nl/articles/2105/25/news027.jpg 髪の長い女子生徒をその場で散髪……と思ったら? “厳しすぎる生徒指導”の漫画が予想外に良い話

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10