ニュース
» 2020年03月16日 21時20分 公開

「やばいことが起きた」「こんなことある?」 女子格闘家の山崎桃子、泥酔男性から突然の暴行被害で網膜裂孔に (1/2)

男性は逮捕されています。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 女子格闘技イベント「DEEP JEWELS」などに参戦している女子格闘家の山崎桃子さんが、市中で男性から突然の暴行被害に遭ったことをTwitterで報告。病院での検査の結果、網膜に2カ所穴が空いた「外傷性網膜裂孔」であることを明かしました。痛々しい……。


 山崎さんは3月15日、「やばいことが起きた」と自身の写真を添えてTwitterで事件を報告。それによると、コンビニエンスストアに行ったところ、酔っぱらった50代くらいの男性に突然絡まれたとのこと。男性に愛車を蹴飛ばされるなどしたので、警察に通報すると男性は逃げようとしたため、警察が到着するまで男性をその場にとどめようとして髪を引っ張り回されたり、殴られたりしたことを「こんなことある?」と合点のいかない様子でつづりました。

 このツイートには額と目のあざが痛々しい画像を添えていましたが、その後のツイートでは、「網膜に穴が開いてしまってるみたい」とかなりのダメージを負ったことも明かし、時間がたつにつれ右目も大きく腫れ上がった画像も投稿しています。

山崎桃子 格闘家 暴行被害 網膜裂孔 2019年「DEEP JEWELS 25」での山崎さん(画像は山崎桃子Instagramから)

 「この事件で撮影の仕事も行けなかったし明日も仕事に行けないし練習も行けない」「こんな事が許されない世の中であって欲しい」ともつづり、逮捕された男性を法的に処罰してもらいたい気持ちを吐露するも、「どうなるのかな? 失うもんないみたいな親父だったけど」と、無敵の人相手に徒労に終わるかもしれないことへの不安ものぞかせていました。

 その後16日に病院での検査で、右目の網膜に2箇所穴が空いた「外傷性網膜裂孔」であることが判明。すでに患部はレーザー治療を施し、2週間ほどの安静が必要であることを報告しています。

 なお、山崎さんは格闘家の誇りにより男性には手を出すことなく、警察が到着するまで“私が抑えてた”としていますが、寄せられる声の中には、「格闘家なのに50代の酔った男性を倒すこともできないのか」「女子格闘技は酔っ払いの親父にも怪我を負わされてしまうレベル」といった辛辣(しんらつ)な声もあったようで、「驚き。そんな奴に賛同も求めないけど」と価値観の大きく異なる声に驚きを隠せない様子。さらに、犯行現場にはその様子を動画で撮影していた一般人とみられる人物もいたそうですが、証拠として警察に提出してくれるわけでもなく立ち去ってしまったそうで、「世も末」とやるせない気持ちをつづっています。

 一連の投稿には、早期回復を願う多くの声の他、「桃ちゃん、よく手を出さずに耐えましたね」「良いことをしているのに、怪我とか負わされるのは、納得がいかない」など山崎さんの意志と勇気を評価する声が続々と寄せられています。

山崎桃子 格闘家 暴行被害 網膜裂孔 キュートな顔に何をするだァーッ! (画像は山崎桃子Instagramから)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.