ニュース
» 2020年03月18日 11時26分 公開

香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例」が可決

[ねとらぼ]

 香川県議会で「ネット・ゲーム依存症対策条例」が可決されました。この条例は4月1日から施行されます。


香川

 この条例は、WHOが「ゲーム障害」を疾病に認定したことを背景とし、子どもの学力・体力の低下を防ぐためにネットやゲーム、スマートフォンの過剰な利用を制限するもの。素案では「(子どもの成長段階において)何事にも積極的にチャレンジし、活動の範囲を広げていけるようにネット・ゲーム依存症対策に取り組んでいかなければならない」とその意義が語られています

 この条例を巡っては、1月23日から2月6日までパブリックコメントの募集が行われ、県内から寄せられた2615件のうち約84%にあたる2269件が賛成意見でした。しかし、この条例は科学的根拠の乏しさなどが指摘されており、また地方の条例としては不自然なパブリックコメントの多さから、賛成のための動員があった可能性も指摘されています。


香川 パブリックコメントの概要

香川 反対派の秋山時貞議員(関連記事

香川 採決の様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.