ニュース
» 2020年03月20日 11時55分 公開

小島秀夫監督、「メイドインアビス」つくしあきひととの2ショットを投稿 「神と神の会合か」「深淵の主の2人が出会った」 (1/2)

すごい化学反応が起きそうな2人が出会ってしまった。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 「メタルギア」シリーズで知られるゲームクリエイターの小島秀夫監督が3月19日、「メイドインアビス」の原作漫画家・つくしあきひとさんとの2ショットと、つくしさん筆のイラスト入りサイン色紙をInstagramに投稿。「すごいコラボ」「神と神の会合か」と反響を呼んでいます。

小島秀夫 つくしあきひと 2ショット 鬼才と奇才の出会いと言うしかない(画像は小島秀夫Instagramから)

 小島監督はTwitterでも「つくし卿(つくしあきひとさん)がコジプロに来社されました。今日はまだ最初なので、コジプロの”深界三層“くらいまで探窟されました」と報告。3月初頭、小島監督はスタッフに勧められて「メイドインアビス」のテレビアニメ視聴を開始しており、「アビス(大穴)の独特の設定や世界観はかなり興味深い」とツイートしていました。ツイートにある「〜卿」や「深界〜層」といった表現は同作の世界観に由来するものです。

小島秀夫 つくしあきひと 2ショット 単行本には“黎明卿ボンドルド”のイラストも(画像は小島秀夫Instagramから)

 一方のつくしさんもTwitterで、小島監督率いるコジマプロダクション(コジプロ)の訪問を報告。「掘れば掘るほど底知れないぞこれは……」と感想をつづった他、別のツイートでは小島監督プロデュースのゲーム「デス・ストランディング」のサイン入り関連グッズの写真を投稿しています。


 ゲーム界と漫画界の鬼才2ショットに双方のファンからは、「なんちゅうツーショットや……」「深淵の主の2人が出会った」「つくし卿も羨ましいけど、小島監督も羨ましい」と興奮ぎみの反応が。また、「コラボ作品とか出ないかなぁ〜」「もうコジプロでアビス探索するゲーム作ってくれませんか?」と作品でのコラボを期待する声も上がりました。また、2人ともゲーム会社のコナミ在籍の過去があることから、「社員時代に面識あったのか気になる」「2人とも元コナミでしたかね。そちらでも話が盛り上がりそう」との声も見られました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.