Netflix「攻殻機動隊 SAC_2045」は4月23日配信! 公安9課の新メンバー、江崎プリンなどの存在も明らかに

なおトグサは離婚しているもよう。これは思い詰めるトグサ登場フラグ……!

» 2020年03月21日 14時30分 公開
[西尾泰三ねとらぼ]

 神山健治×荒牧伸志両監督によるNetflixオリジナルアニメシリーズ「攻殻機動隊 SAC_2045」の配信開始日が4月23日に決定! また、今作で新たに登場する江崎プリン(CV.潘めぐみ)などの存在も明かされました。

攻殻機動隊 SAC_2045 Netflix 4月23日 江崎プリン スタンダード 「攻殻機動隊 SAC_2045」キービジュアル

「攻殻機動隊」シリーズは、1989年に士郎正宗さんが発表した原作コミック『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』を起源とし、これまでにアニメやハリウッド実写映画などさまざまな作品群が展開。原作の発表から30年以上たった現在でも色あせない存在感を放ち、多くのファンから支持されています。

 2018年12月にNetflixオリジナルアニメシリーズとして制作が発表されてから、配信が待ち望まれている同作。物語の舞台は2045年で、大国が互いにWIN-WINになる持続可能性を模索した結果、“サスティナブル・ウォー”とやゆされる産業としての戦争に突入。一方で、世界同時デフォルトという経済災害によりグローバルで資本主義が破綻している中、素子たちは卓越した電脳/荒事スキルを武器に内戦・紛争を渡り歩く傭兵部隊として人生を謳歌(おうか)していることがこれまでに明かされています。

 3月21日に配信された特別番組内では配信開始日の他、同作に登場する新キャラクターとキャストも発表。一人は公安9課でタチコマのメンテナンスなどを担当する新メンバーの江崎プリン。もう一人は、素子率いる部隊に所属する新人傭兵スタンダード(CV.津田健次郎)です。

攻殻機動隊 SAC_2045 Netflix 4月23日 江崎プリン スタンダード攻殻機動隊 SAC_2045 Netflix 4月23日 江崎プリン スタンダード 「攻殻機動隊 SAC_2045」の新キャラクター、江崎プリンとスタンダード


 間の抜けたところがあり素子たちから“おもしろ”扱いされているというスタンダードは、道化的な役回りとなることが連想され、物語に密接に絡んできそうな雰囲気を漂わせる江崎プリンは、“15歳でMITに編入した経歴を持つ天才少女で、バトーに対して特別な感情を抱いている”と紹介されています。

「攻殻機動隊 SAC_2045」最終予告編

 発表資料にはその他の各キャラクターの紹介文もあり、元公安9課のトップだった荒巻大輔は一線を退き公安部の顧問となっていること、また、トグサは公安9課を去った少佐たちとは行動をともにしておらず、日本の民間警備会社に勤めていること、そして、離婚していることなどが分かります。それらがどのような理由で再び集結し、新生公安9課となっていくかがストーリーの序盤になるのだと思われます。

 フル3DCGアニメとなったことで、いわゆるセルルックではない絵作りとなっていることもあり、その映像には往年のファンを中心に賛否の声もありますが、田中敦子さんや大塚明夫さん、山寺宏一さんら「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズのオリジナルキャストが演じることもあって、最新PV映像となる最終予告編からはやはりシリーズの血脈が感じられます。この他、映像では、素子に「人間じゃない」と形容されている“ポスト・ヒューマン”とおぼしき存在の姿や、またもトグサを待ち受ける数奇な運命を予感させるシーンもあり、期待値を上げる映像となっています。

攻殻機動隊 SAC_2045 Netflix 4月23日 江崎プリン スタンダード タチコマはいつもかわいい

(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  2. /nl/articles/2405/26/news042.jpg 「これはヤバい」 ハードオフに6万6000円で売っていた“まさかの楽器”に仰天 「安すぎない?!」「家に欲しい」
  3. /nl/articles/2405/26/news008.jpg ビオトープを立ち上げて1カ月半後、衝撃的な生き物が住み着いていた! 「生命の力に感動」「聞いたことない……」と驚きの声
  4. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. /nl/articles/2405/26/news002.jpg 1歳息子、乗っている車が洗車機に突入した瞬間…… かわいすぎる反応に「愛おしい!」「何回も見ちゃった」
  6. /nl/articles/2405/25/news034.jpg 「号泣しちゃう」 引きこもり気味の男子が“垢抜け” → その大変身に「おおお!」「凄い」と驚きの声
  7. /nl/articles/2404/28/news005.jpg 「とんでもないものが売ってた」 ハードオフに“33万円”で売られていた「まさかの商品」に思わず仰天
  8. /nl/articles/2405/26/news005.jpg 生後1週間の三毛猫4姉妹が1年後…… “女優”のような風格への変貌に「すご〜い!」「すっかりレディ」
  9. /nl/articles/2405/23/news182.jpg ごみ箱上の微妙なスペース→“100均材料”でおしゃれな棚が爆誕 630万再生の神アイデアに「やってみたい」「天才」
  10. /nl/articles/2405/25/news022.jpg 432の平方根を求めよ 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【番外編・中3数学】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評