ニュース
» 2020年03月23日 15時17分 公開

「巣作りドラゴン」などの美少女ゲームメーカー「ソフトハウスキャラ」が営業終了

「経営上の理由」。

[ねとらぼ]

 美少女ゲームメーカー「ソフトハウスキャラ」(有限会社キャラ)は3月23日、同月末をもって解散・廃業すると公式Webサイトで発表しました。「経営上の理由」と説明しています。

フォト ソフトハウスキャラの公式サイトに解散・廃業の告知が掲載されている

 2000年に発売したデビュータイトル「葵屋まっしぐら」や、「巣作りドラゴン」(04年発売)、「グリンスヴァールの森の中」(06年発売)、「ウィザーズクライマー」(08年発売)など、シミュレーション系のゲームで知られていました。最新作は19年12月に発売した、ネクストンとのコラボタイトル「巣作りカリンちゃん」。

 ソフトハウスキャラのタイトルとブランドはDMM GAMESに譲渡し、引き続き「DMM GAMES R18」で販売するとしています。

 ファンに対しては、

2000年「葵屋まっしぐら」から20年もの長きにわたり、ご応援ありがとうございました。

──と感謝の言葉を記しています。

 廃業理由の詳細は説明されていませんが、美少女ゲーム業界を巡っては、「feng」(フォン)を運営していたホワイトローズ(千葉県市川市)が需要減少による売り上げの落ち込みから破産開始決定を受ける(関連記事)など、厳しい事業環境が続いています。

フォト 19年9月には「feng」の運営会社が破産開始決定を受けている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.