連載
» 2020年03月24日 11時30分 公開

月刊乗り鉄話題(2020年3月版):「東海道新幹線と競争する」「赤いヤツだ!」 注目浴びまくり、近鉄の新型名阪特急「ひのとり」に乗ってきた (2/4)

[杉山淳一,ねとらぼ]

設備も充実うれしいな レギュラーシートも4列でゆったり、とても上質

 ひのとりに限らず、名阪特急の車窓の見どころは伊勢中川〜大和八木間です。その前に車内を見物しておきましょう。

 となりの5号車を通り過ぎると「ベンチスペース」という数人が座れる憩いの場所があります。グループで語り合うときや、お子様が退屈したときなどに便利に使えそうです。

 レギュラー車両のレギュラーシート(普通席)はバックシェルからテーブルを出せるようにもなっています。これは良いと思いました。プレミアムシートは肘掛けから収納式テーブルを引き出せます。でも、私のように腹が大きいと、ちょっと窮屈なんですよ(笑)。

近鉄 ひのとり 2020年春 ダイヤ改正 自由に使える「ベンチスペース」ここから車窓を眺めるのもいい
近鉄 ひのとり 2020年春 ダイヤ改正 レギュラーシートもかなり上質。中央に1つずつ独立した(2本の)ひじ掛けがあり、他方のひじ掛け内部に収納式テーブルがある
近鉄 ひのとり 2020年春 ダイヤ改正 正面(前席バックシェル後方)に可倒式テーブル、フットレストがある。レギュラー車両の可倒式テーブルの方がいいな……とも思った

 先頭車に戻って、デッキ付近にはカフェスポットがあります。レギュラーコーヒーは200円でした。ボタンを押すと豆を挽き始め、香りの良い本格的なコーヒーが出てきます。

 コーヒーマシンの横にお菓子の販売機もあります。品ぞろえは「SOYJOY」と「1本満足バー」の2種類(乗車時)。もう少しガッツリ食べたいならば乗車前に購入しておくとよさそうです。紅茶のティーバッグも1回ぶん100円で売っていました。お湯はコーヒーマシンで無料です。このほか、3号車には水、お茶、ジュース、缶コーヒーなどがある飲料自動販売機もありました。

近鉄 ひのとり 2020年春 ダイヤ改正 先頭車両デッキのカフェコーナー。コンビニにあるようなコーヒーサーバがある。メニューボタンは4つ。うち3つは同じコーヒー。1つはお湯。お湯は無料。食品販売機に携帯栄養食品とティーバッグが並んでいた
近鉄 ひのとり 2020年春 ダイヤ改正 プレミアムシートはひじ掛け内部に大型の収納式テーブルがある。体格によっては腹がつかえてしまうのでちょっと注意
近鉄 ひのとり 2020年春 ダイヤ改正 ドリンクを置いておくくらいならば半分に折りたたんだまま使える
近鉄 ひのとり 2020年春 ダイヤ改正 2人席中央にも独立したひじ掛け兼小テーブル。スライドすればカップホルダーが現れる
近鉄 ひのとり 2020年春 ダイヤ改正 全席にAC100Vの電源コンセント。車内Wi-Fiも完備

 コーヒーを持って座席に戻ります。電動リクライニングシートを限界まで倒し、電動レッグレストを持ち上げると、ああぁ、だめ、これ、座り心地が良すぎて居眠りする。これから良い景色になるのに……zzz。はっ、だめだめ寝ちゃダメ 。

近鉄 ひのとり 2020年春 ダイヤ改正 コーヒーカップは「ひのとり」ロゴ入り。捨てるのもなんだかもったいなかったくらい
近鉄 ひのとり 2020年春 ダイヤ改正 大きな荷物がある人のための無料ロッカーも完備。ICカードでロックするタイプだ。ICカードを持っていない人のために一般的な鍵のタイプもちゃんとある

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.