ニュース
» 2020年03月24日 17時34分 公開

「花だけ売れ残っているのを見ると切なくなる」 ロンドン在住・布袋寅泰、“花”だけが残された現地スーパーの現状嘆く

3月23日には英首相が不要不急の外出禁止を伝えました。

[のとほのか,ねとらぼ]

 ロンドンに在住しているミュージシャンの布袋寅泰さんが3月22日、Instagramを更新。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、スーパーが買い占め状態となる中、花だけが売れ残った現状を嘆いています。

布袋寅泰 ロンドン コロナウイルス 外出禁止 花 何もないスーパー(画像は布袋寅泰公式Instagramから)

布袋寅泰 ロンドン コロナウイルス 外出禁止 花 ほんとに何もない……(画像は布袋寅泰公式Instagramから)

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、外出禁止や自粛要請などが発表されている欧州。先の見えない現状に、スーパーでは買い占めが起こっており、布袋さんは物資がなくなった現地のスーパーの写真をアップ。そんな中、「何もない。花だけ売れ残っているのを見ると切なくなる」「英国紳士の名が泣くぞ。マスクして花だけ買って帰るやけにデカいアジア人を見てどう思うのか」と生花だけが残された現状を嘆いています。

布袋寅泰 ロンドン コロナウイルス 外出禁止 花 生花だけが……(画像は布袋寅泰公式Instagramから)

 また、続く投稿では「全世界のお母さん! ありがとう!」と22日は英国の“母の日”であることも伝えた布袋さん。「母なる大地Mother earthが我々に与える試練もきっと、人類が優しさと誠実さを取り戻すために必要な教えと捉え乗り越えるしかない」と前向きなコメントを残しています。

 18日にも、現地の状況を伝えつつ「終わりの見えない戦いの始まり。いつ日本に帰れるのだろう?」と嘆いていた布袋さん。その後も状況は深刻化する一方で、23日には、ボリス・ジョンソン英首相がテレビ演説で不要不急の外出を禁止を発表し、違反の場合は罰則の対象になり得ることを伝えました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.