ニュース
» 2020年03月30日 08時00分 公開

TOKIO特製のDASHカレーを作ってみた! 甘・酸・辛・苦・臭が絶妙のバランスでめちゃウマい ビールに合う― (1/3)

調理に3日かかりました。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 2020年3月29日放送の「ザ!鉄腕!DASH!!」で、およそ2年がかりで追求した「俺たちのDASHカレー」が完結しました。放送1週前に、視聴者のみんなも一緒に作り、共に味わってほしいと、レシピが公開されました(関連記事)。すごいじゃないか。TOKIOのカレーがTOKIOと共に楽しめるなんて。ということで、全力で乗っかります。DASHカレーを作って味わった、苦労と感動をレポートしちゃうぜー

DASHカレー DASHカレー、作った!

 『俺たちのDASHカレー』は2018年5月20日放送分から開始しました。本場インドに行ったり、スパイスを育てたり、試作を何度も何度も繰り返し……、こだわりのカレーを完成させました。そんなすごいもの、レシピを参考にするだけで再現できるのだろうか……。少々の不安はありますが、いや、絶対うまいはず、との思いを胸に作ります。がんばらない属性の筆者。なんだかんだで3日かかりました。

1日目:買い出しだけで疲れ果てる

 TOKIOはスパイスを育てるところから始めましたが、筆者はスパイスを買い集めるところから始めます。そんな楽しやがってと思うことなかれ。カレー作りが日常の趣味ならいざ知らず、15種類ものスパイスを買い集めるのは素人にとっては大変なことです。

 使用するカレー粉は、実は、GABANの“手作りのカレー粉セット”を入手すれば一発でそろいます。しかし、Amazonでは2日後の到着。それでは放送に間に合わないかもしれない……と、不安を感じた筆者はカルディ コーヒーファームへ行きました。

ギャバン手作りのカレー粉セット これがカルディで買えれば……(画像はAmazonより)

 しかし、カルディは恐ろしいほどの品薄……。

 何事ぞっ! とビックリしたのですが、閉店前の売り切りセールでした。品川駅直結の「ウィング高輪 EAST」は3月31日に閉店なんだそうです。仕方ないので電車に乗り、別のカルディへ。結局そこでもセットは入手できず……買える物だけ買って帰りました。

 買うことができなかった陳皮(チンピ)、フェンネル、フェネグリーク、デイルは、筆者の自宅の棚から発掘された“手作りのカレー粉セット”の残りを使用します。スパイスは新しくないと……という、みなさんのお気持ちはその通りでございます。だから、買い物に出かけたのです。しかし、もう体力の限界です。これでいいのです。

スパイス15種類 スパイスを買い集めてきた。もともと持っていたものも使う

材料を買ってきたところ 材料を買いそろえるだけで一苦労 肉などまだ買っていない食材もある

トマトとタマネギを冷凍せねばならぬっ!

 さて、ここであらためてレシピを見ます。冷凍したタマネギとトマトが必要です。いきなり待ち時間が発生しました。タマネギの皮をむき、トマトは湯むきして、冷凍します。

皮をむいたタマネギとトマト 皮をむいて冷凍します

 冷凍にかかる時間がよくわからないので、一晩待つことにしました。タマネギの皮は後ほど使うのでとっておきましょう。

タマネギの皮を保存袋に入れる 皮は後で使うのでとっておいた

 さあ、明日はルーを作るぞー。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.