ニュース
» 2020年03月30日 18時00分 公開

これがシベリア仕様ということか!? ドゥカティを魔改造したロシア式3輪バイク「ヨンドゥ」がめっちゃイケてる

シベリアで行われるアイスレースのため作られました。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 イタリアのバイクメーカー・ドゥカティの大型バイクを、アイスレース仕様に仕上げた魔改造3輪バイク「ヨンドゥ」が、海外で注目を集めています。

photo ドゥカティ「ハイパーモタード1100」を改造した「ヨンドゥ」(画像はbalamuttiより)

 このカスタムバイクを手がけたのは、ロシアのカスタムショップ「balamutti」のVitaliy Selyukovさん。ヨンドゥという名はアメコミ「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のキャラクターにちなんだもので、ロシアで有名な湖「バイカル湖」を駆け抜けるアイスレース「バイカルマイル」に出場するために作られました。

 ベースとなっているのは、イタリアのバイクメーカー・ドゥカティの「ハイパーモタード1100」で、エンジンにはスーパーチャージャーが追加され、さらなる出力向上が図られています。

 最も注目を集めているのは、3つに増えたタイヤ。前輪はスパイクタイヤを装着しており、ヤマハ「NIKEN」を彷彿とさせる3輪仕様と合わさって、氷上でも高い走行安定性を実現しているそうです。

photo 装備しているスパイクタイヤ(画像はbalamuttiより)
photo ヨンドゥのハンドル部分(画像はbalamuttiより)
photo 制作途中の様子(画像はbalamuttiより)

 「balamutti」の公式Instagramでは、「ヨンドゥ」の完成した姿だけでなく、製作中の様子を撮影した写真や動画も公開されているので、興味がある人はチェックしてみてください。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10