レビュー
» 2020年03月31日 12時40分 公開

ヒプマイ初のゲーム「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-」プレイレビュー ヒプマイ楽曲を遊べる本格音ゲー、今後の楽曲追加に期待 (1/2)

メインストーリーは豪華フルボイス!

[三日月影狼,ねとらぼ]

 アイディアファクトリーより、新作アプリ「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-(オルタナティブラップバトル)」が配信されました。3月26日配信開始されると同時にTwitterのトレンド入りした本作を、女性向けゲーム大好きライターがレビューしていきます。

 本作は音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」(通称:ヒプマイ)のスマートフォン向けゲームアプリです。 ヒプマイ史上初のゲーム展開で、プレイヤーはラップバトルに華を添える“凄腕DJの弟子”としてキャラクターたちと関わっていきます。作中ではヒプマイの楽曲を音楽ゲームでプレイできるほか、アプリだけの完全オリジナルストーリーを読むこともできます。


ヒプマイアプリトップ ラップバトルの火蓋(ひぶた)が今切られる!

登場するのは4ディビジョン+アプリオリジナルキャラクター

 ヒプマイの舞台は兵器が根絶された“H歴”。兵器の代わりに相手の精神に干渉する特殊なマイク「ヒプノシスマイク」を使い、男たちが自身の威信と領土をかけてラップで戦う――という世界観です。 関東はイケブクロ、ヨコハマ、シブヤ、シンジュクの4ディビジョン(地域)に分かれていて、各ディビジョンに所属する3人・計12人のキャラクターが日々ラップバトルを繰り広げています。

 アプリに登場するのは、ヒプマイの初期から登場している上記4ディビジョン ・12人のキャラクターとアプリオリジナルキャラクターたち。ヒプマイのキャラクターは皆魅力的ではあるのですが、とにかく名前が読みづらいという特徴(?)があります。アプリが“初めてのヒプマイ”という方は、名前を覚えるところから少し苦労してしまうかもしれません。

 例えばヨコハマ・ディビジョンMAD TRIGGER CREW(マッドトリガークルー)のリーダーの名前は、「碧棺 左馬刻」 。読み方は「あおひつぎ さまとき」です。ヨコハマ界隈を仕切るヤクザで気が短く血気盛んですが、妹と死別した母親をリスペクトしています。


サマトキ 碧棺 左馬刻(CV:浅沼 晋太郎)・ファンの間では「サマトキサマ」と呼ばれることも

 次に紹介する、シブヤ・ディビジョンFling Posse(フリングポッセ)のリーダーの名前は「飴村 乱数」。読み方は「あめむら らむだ」です。こう見えてもすさまじくモテるファッションデザイナーな成人男子で、あらゆる女性を「お姉さん」と呼んでいます。


ラムダ 飴村 乱数(CV:白井 悠介)・小学生のようにも見えますが、成人男子です

 3人目に紹介するのは、アプリオリジナルキャラクターである「満天星 呂駒呂」(どうだんつつじ ろくろ)です。呂駒呂は4ディビジョンのメンバーが参加する「オルタナティブラップバトル」のDJとして招待された、凄腕のDJ。プレイヤーは彼の弟子で、彼を超える最上のDJとなることを目指しています。


DJロクロ アプリオリジナルキャラクター・満天星 呂駒呂(DJ ROKURO) (CV:楠 大典)

 ヒプマイのキャラクターの魅力は特徴的な性格だけではなく、それぞれが抱えた背景にもあります。しかしここで全てのキャラクターを紹介するのは難しいため、他のキャラクターの魅力はアプリをプレイしたりCDを聞いたりして確かめてみてください。なお現地点では原作プロジェクトに登場する、ナゴヤディビジョンとオオサカディビジョンの6キャラクターは登場していません。


バスターブロス イケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!」池袋を拠点とする、ブクロ最強の3兄弟


マッドトリガークルー ヨコハマ・ディビジョン「MAD TRIGGER CREW」横浜を拠点とする最凶のヤクザ、警官、元海軍の3人


フリングポッセ シブヤ・ディビジョン「Fling Posse」ファッションデザイナー、作家、ギャンブラーの奇人変人トリオ


マテンロウ シンジュク・ディビジョン「麻天狼」眠らない街・新宿を拠点とする天才医師、ホスト、会社員(社畜)の3人

リズムゲーム「KILLER SCRATCH!!」(キラースクラッチ)

 リズムゲーム「KILLER SCRATCH!!」では、DJのターンテーブルのような画面でヒプマイ楽曲をプレイしていきます。楽曲の難易度はEASY、NORMAL、HARD、EXPARTの4種類が用意されています。

 メインストーリーを開放するためには、ストーリーごとに決められた難易度の楽曲をプレイする必要があります。しかしHARD以上になるとノーツの種類が増えるため、音楽ゲームが苦手な方には少し難しく感じるかもしれません。ストーリー自体は評価C以上で解放されるので、ぜひ根気強く挑戦してみてください。


キラースクラッチトップ こちらがキラースクラッチの画面、本格的な音楽ゲームです

 楽曲は当アプリオリジナルの新曲「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-」「Survival of the Illest」をはじめ、4ディビジョンで歌う「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」、そして各ディビジョンの楽曲が収録されています。

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」のMV、ヒプマイといえばこの曲!
「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」のMV

 アプリリリース地点での収録曲は8曲、ストーリーを進めても追加の楽曲はありません。まだ収録されていない楽曲が多数あるため、今後の楽曲追加に期待したいところです。

 なおキラースクラッチの背景には、ヒプマイのMVらしいリリックや演出がふんだんに使われています。音楽ゲームの方に集中してしまうとなかなか背景まで確認できないため、友人にプレイしてもらってじっくり見ても良いかもしれません。


キラースクラッチトップ 楽曲はもちろん、背景もかっこいい!


緑色スクラッチノーツ 押すと盤面も一緒に移動する、緑色のスクラッチノーツに翻弄される方が続出しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた