レビュー
» 2020年03月31日 12時40分 公開

ヒプマイ初のゲーム「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-」プレイレビュー ヒプマイ楽曲を遊べる本格音ゲー、今後の楽曲追加に期待(1/2 ページ)

メインストーリーは豪華フルボイス!

[三日月影狼,ねとらぼ]

 アイディアファクトリーより、新作アプリ「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-(オルタナティブラップバトル)」が配信されました。3月26日配信開始されると同時にTwitterのトレンド入りした本作を、女性向けゲーム大好きライターがレビューしていきます。

 本作は音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」(通称:ヒプマイ)のスマートフォン向けゲームアプリです。 ヒプマイ史上初のゲーム展開で、プレイヤーはラップバトルに華を添える“凄腕DJの弟子”としてキャラクターたちと関わっていきます。作中ではヒプマイの楽曲を音楽ゲームでプレイできるほか、アプリだけの完全オリジナルストーリーを読むこともできます。


ヒプマイアプリトップ ラップバトルの火蓋(ひぶた)が今切られる!

登場するのは4ディビジョン+アプリオリジナルキャラクター

 ヒプマイの舞台は兵器が根絶された“H歴”。兵器の代わりに相手の精神に干渉する特殊なマイク「ヒプノシスマイク」を使い、男たちが自身の威信と領土をかけてラップで戦う――という世界観です。 関東はイケブクロ、ヨコハマ、シブヤ、シンジュクの4ディビジョン(地域)に分かれていて、各ディビジョンに所属する3人・計12人のキャラクターが日々ラップバトルを繰り広げています。

 アプリに登場するのは、ヒプマイの初期から登場している上記4ディビジョン ・12人のキャラクターとアプリオリジナルキャラクターたち。ヒプマイのキャラクターは皆魅力的ではあるのですが、とにかく名前が読みづらいという特徴(?)があります。アプリが“初めてのヒプマイ”という方は、名前を覚えるところから少し苦労してしまうかもしれません。

 例えばヨコハマ・ディビジョンMAD TRIGGER CREW(マッドトリガークルー)のリーダーの名前は、「碧棺 左馬刻」 。読み方は「あおひつぎ さまとき」です。ヨコハマ界隈を仕切るヤクザで気が短く血気盛んですが、妹と死別した母親をリスペクトしています。


サマトキ 碧棺 左馬刻(CV:浅沼 晋太郎)・ファンの間では「サマトキサマ」と呼ばれることも

 次に紹介する、シブヤ・ディビジョンFling Posse(フリングポッセ)のリーダーの名前は「飴村 乱数」。読み方は「あめむら らむだ」です。こう見えてもすさまじくモテるファッションデザイナーな成人男子で、あらゆる女性を「お姉さん」と呼んでいます。


ラムダ 飴村 乱数(CV:白井 悠介)・小学生のようにも見えますが、成人男子です

 3人目に紹介するのは、アプリオリジナルキャラクターである「満天星 呂駒呂」(どうだんつつじ ろくろ)です。呂駒呂は4ディビジョンのメンバーが参加する「オルタナティブラップバトル」のDJとして招待された、凄腕のDJ。プレイヤーは彼の弟子で、彼を超える最上のDJとなることを目指しています。


DJロクロ アプリオリジナルキャラクター・満天星 呂駒呂(DJ ROKURO) (CV:楠 大典)

 ヒプマイのキャラクターの魅力は特徴的な性格だけではなく、それぞれが抱えた背景にもあります。しかしここで全てのキャラクターを紹介するのは難しいため、他のキャラクターの魅力はアプリをプレイしたりCDを聞いたりして確かめてみてください。なお現地点では原作プロジェクトに登場する、ナゴヤディビジョンとオオサカディビジョンの6キャラクターは登場していません。


バスターブロス イケブクロ・ディビジョン「Buster Bros!!!」池袋を拠点とする、ブクロ最強の3兄弟


マッドトリガークルー ヨコハマ・ディビジョン「MAD TRIGGER CREW」横浜を拠点とする最凶のヤクザ、警官、元海軍の3人


フリングポッセ シブヤ・ディビジョン「Fling Posse」ファッションデザイナー、作家、ギャンブラーの奇人変人トリオ


マテンロウ シンジュク・ディビジョン「麻天狼」眠らない街・新宿を拠点とする天才医師、ホスト、会社員(社畜)の3人

リズムゲーム「KILLER SCRATCH!!」(キラースクラッチ)

 リズムゲーム「KILLER SCRATCH!!」では、DJのターンテーブルのような画面でヒプマイ楽曲をプレイしていきます。楽曲の難易度はEASY、NORMAL、HARD、EXPARTの4種類が用意されています。

 メインストーリーを開放するためには、ストーリーごとに決められた難易度の楽曲をプレイする必要があります。しかしHARD以上になるとノーツの種類が増えるため、音楽ゲームが苦手な方には少し難しく感じるかもしれません。ストーリー自体は評価C以上で解放されるので、ぜひ根気強く挑戦してみてください。


キラースクラッチトップ こちらがキラースクラッチの画面、本格的な音楽ゲームです

 楽曲は当アプリオリジナルの新曲「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-」「Survival of the Illest」をはじめ、4ディビジョンで歌う「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」、そして各ディビジョンの楽曲が収録されています。

「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」のMV、ヒプマイといえばこの曲!
「ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-」のMV

 アプリリリース地点での収録曲は8曲、ストーリーを進めても追加の楽曲はありません。まだ収録されていない楽曲が多数あるため、今後の楽曲追加に期待したいところです。

 なおキラースクラッチの背景には、ヒプマイのMVらしいリリックや演出がふんだんに使われています。音楽ゲームの方に集中してしまうとなかなか背景まで確認できないため、友人にプレイしてもらってじっくり見ても良いかもしれません。


キラースクラッチトップ 楽曲はもちろん、背景もかっこいい!


緑色スクラッチノーツ 押すと盤面も一緒に移動する、緑色のスクラッチノーツに翻弄される方が続出しています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」