ニュース
» 2020年04月01日 07時00分 公開

赤いドジロボットが20年ぶりに復活ッッ! 映画「がんばれいわ!!ロボコン」7月31日公開

石ノ森章太郎原作の傑作コメディー、監督・石田秀範×脚本・浦沢義雄コンビで。

[ADAKEN,ねとらぼ]

 「仮面ライダー」「サイボーグ009」などを生み出した漫画家・石ノ森章太郎さん原作の特撮コメディー「ロボコン」シリーズが20年ぶりに復活。映画「がんばれいわ!!ロボコン」が、7月31日に劇場公開されることになりました。エイプリルフールネタではありません!

がんばれ!!ロボコン がんばれいわ!!ロボコン 石ノ森章太郎 ロボコン令和に復活(写真は「がんばれ!!ロボコン」から)
がんばれ!!ロボコン がんばれいわ!!ロボコン 「がんばれいわ!!ロボコン」タイトルロゴ

 タマゴ型で赤いボディーに愛らしい目が特徴のドジなロボット、ロボコン。1974年から2年半放送された「がんばれ!!ロボコン」は最高視聴率29.2%を記録し、関連玩具も売れまくるなど子どもたちの間で空前のブームに。その後、香港でもブームが巻き起こり、1999年にはリメイク作「燃えろ!!ロボコン」が放送されました。

がんばれいわ!!ロボコン 石ノ森章太郎 燃えろ!!ロボコン 「燃えろ!!ロボコン」ももう20年前

 そんな長年愛されているロボコンが令和の世に再登場。駄じゃれ混じりのタイトルでギャク色濃いめな印象を感じさせる新作映画を手掛けるのは、「燃えろ!!ロボコン」を手掛けた石田秀範監督(当時はヒデ・I名義)と脚本家・浦沢義雄さんのコンビ。平成仮面ライダーシリーズも数多く手掛けてきた石田監督と、「美少女仮面ポワトリン」や「激走戦隊カーレンジャー」「忍たま乱太郎」などコメディー作品の大家で鳴らす浦沢脚本のタッグがもたらす、新生ロボコンがどんな形でよみがえるのか。MX4D上映も決定しており、さらに期待が膨らみます。

 東映の白倉伸一郎プロデューサーは「お仕事ロボットの世界を描く『仮面ライダーゼロワン』は、ロボコン復活への布石にすぎなかった! 時代はまさに 1・0(レイ)・0(ワ)。ロボ根性で100点満点めざします。がんばれいわ!! ロボコン! ウララ〜」と、ノリノリでコメントを寄せています。


(C)石森プロ・東映

ADAKEN

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン