Special
» 2020年04月03日 17時00分 公開

SSRの高級日本酒は引けるのか? うわさの「酒ガチャ」セットの中身を飲み比べてみた

酒飲みの夢が詰まったあの企画が帰ってきた。

[たろちん,PR/ねとらぼ]
PR

 全国のお酒好きな皆様に朗報です。お酒のオンラインストア「KURAND(クランド)」がさまざまなお酒を詰め込んだ大特価キャンペーン「KURAND 春のSAKEまつり」を開始しました。あの「酒ガチャ」が帰ってきたぞおおおおおおおお!

KURAND春のSAKEまつり

 同キャンペーンはKURANDオリジナルの日本酒・梅酒・果実酒・焼酎をランダムに詰め込んだお買い得BOXを購入できるキャンペーン。どんな組み合わせでも普通に買うよりお得になる上、運がいいと高単価のお酒が入っている場合もあり、昨年12月に販売された「酒ガチャ福袋」(関連記事)は酒飲みたちの間で大きな話題になりました。三度の飯より酒が好きな筆者もその1人です。

 今回のテーマは「新生活をお酒で応援する」。今回の企画限定で作られた非売品のお酒や春をイメージしたお酒など、10種類以上の新商品が用意され、ガチャの中にどれか1本以上が必ず入っているとのことです。

 今回はこのキャンペーンのPR記事ということで、実際に酒ガチャを届けてもらい編集部で全て飲み比べてみました。最高の仕事をありがとうございます。

酒飲みの夢「酒ガチャ」開封の儀

KURAND春のSAKEまつり ドン!

 「KURAND 春のSAKEまつり」では、お酒の種類や量の違う1〜3万円までのプランが用意されています。今回頼んだのは日本酒や果実酒などが5本以上入った「次長プラン(税別1万円)」。

KURAND春のSAKEまつり 開封……ッ!

 入ってる入ってる〜! 中には5本のお酒とKURANDオリジナルデザインの「カップ酒」、それに次回使える割引クーポン「KURANDからのボーナス」(1500円〜5000円分×2回分。次長プランは1500円×2)の計7点が入っていました。酒飲み的にはソシャゲの10連ガチャよりこの酒ガチャを開封する瞬間が一番テンションが上がります。早速順番に飲んでいきましょう。SSRはあるかな?

Single Origine Sake 佐渡 純米大吟醸

KURAND春のSAKEまつり

 はい、出ました。酒飲みの好きな言葉ランキング1位「純米大吟醸」。もうこの時点で「当たり」なのでは?

 こちらは新潟県佐渡の上質な水と米を使った淡麗辛口の日本酒。スッキリした飲み口で香りもよく、日本酒初心者から玄人まであらゆる人にオススメできる王道のおいしい日本酒です。ど真ん中ストレートにうまい。優勝です。

他のねとらぼ編集部員の感想

  • 日本酒あまり飲まないけどこれは飲みやすい
  • クセのない正統派。どんな料理にも合いそう
  • こんなの「ただのうまい日本酒」じゃん。最高かよ

てまえみそ

KURAND春のSAKEまつり

 続いては長野県の日本酒「てまえみそ」。こちらも王道的な日本酒ですが先ほどの淡麗辛口とは真逆の濃醇甘口なので、飲み比べるとその違いがはっきりわかります。筆者は辛口好きですがこっちのコクのある感じもいいんですよね〜。

 ちなみにその名の通り信州味噌に精通した酒造が造っており、「味噌に合う日本酒」というのが売りなんだそうです。そんなの絶対黄金コンビじゃん……!

他のねとらぼ編集部員の感想

  • さっきとガラッと変わって濃厚!
  • 甘めのお酒が好きなので自分はこっちのほうが飲みやすい
  • ちょっと味噌買ってくる

CANDY APPLE

KURAND春のSAKEまつり

 今度はちょっと変わり種の日本酒。なんと「りんご飴」のような日本酒です。そんな日本酒があるの知らなかった。酒の世界は広い。

 実際飲んでみると予想以上にさわやかなりんご飴のような味がするので驚きました。アルコール度数も13%と日本酒にしては低めなのですが、それ以上にすいすいいける飲みやすさ。日本酒というよりリキュールを飲んでいる感覚に近いです。

 なお懐かしのりんご飴をイメージして造られたお酒で、公式サイトでは「まるで青春時代を思い出すような甘酸っぱい味わい」と説明されており、編集部員たちはそっちにも食いついていました。

他のねとらぼ編集部員の感想

  • ジュースみたいにゴクゴク飲める。日本酒苦手な人でもこれは飲めるはず
  • これ日本酒なの? 日本酒なのにこんなに果実の味がするの初めて
  • 自分の青春時代はこんなに甘酸っぱくなかったな……

酒を売る犬 酒を造る猫 春の新生活応援版

KURAND春のSAKEまつり

 犬と猫のラベルがかわいい日本酒。以前にもそのかわいさが話題になったKURANDの人気商品(関連記事)でこちらは非売品の春バージョンだそうです。同梱されていた限定のカップもこのお酒のデザインのもの。

 こちらはにごり酒の中でもクセの少ない「大吟醸うすにごり」。筆者がこれまで飲んできたにごり酒系の中でもトップクラスにスッキリしていて飲みやすかったです。余談ですが一通りの飲み比べを終えたあとは、ただの酔っ払いと化してこのお酒をひたすら飲んでいました。

他のねとらぼ編集部員の感想

  • にごり酒って飲みにくいと思ってたけどこれは飲みやすい!
  • デザインがかわいい
  • デザインが超かわいい

玉津ブラッドオレンジのお酒

KURAND春のSAKEまつり

 今回最初の果実酒「玉津ブラッドオレンジのお酒」。愛媛県玉津で栽培されている真っ赤な果肉が特徴のブラッドオレンジを使っています。最初の印象は「赤っ」でした。

 これが飲んでみるとめちゃくちゃに飲みやすい! アルコール度数7%のはずなんですが、オレンジの新鮮さが全面に出すぎていて飲んだ印象は完全に「うまいジュース」です。よく飲みやすいカクテルなどを飲んで「こんなのジュースだよね〜」などとイキる酒飲みがいますが、これは「ホントにジュースじゃないの……?」と困惑するレベル。単純に飲み物としてめちゃくちゃうまいです。

他のねとらぼ編集部員の感想

  • これ果汁100%ジュースでしょ?
  • お酒って言われなきゃわからないくらいフルーツ
  • 飲みやすすぎて気付いたら泥酔してるやつ。酒飲みに教えちゃいけない酒

他のお酒も飲んでみよう! だってPR記事だから!(建前)

KURAND春のSAKEまつり

 今回の「酒ガチャ」に入っていたお酒は以上の5本なのですが、PR記事ということでKURANDさんが特別に「他にもこんなお酒が入っている可能性があるのでよかったらどうぞ」と別のお酒も一部提供してくれました。それが以下になります。

KURAND春のSAKEまつり 6本もある。ここが天国(パラディソ)か……?

 好意を無駄にするわけにはいかないので全部飲んでみます。最高の仕事をありがとうございます。

ZUWAIGANI

KURAND春のSAKEまつり

 数あるお酒の中でも今回ねとらぼ編集部員が一番食いついたのがこのお酒。先日ねとらぼでも取り上げて「どんな味がするんだ……?」と編集部をざわつかせた(関連記事)、超異色のズワイガニのお酒です。一般販売もされています

 最初にコップに注ぐと日本酒とカニの混ざり合ったにおいが強烈でたじろぐんですが、こちらはホット専用のお酒。温めてみるとめちゃくちゃうまいカニスープ風のお酒に変化します。このお酒でカニ雑炊を作る、という楽しみ方も推奨されているくらいです。

他のねとらぼ編集部員の感想

  • 最初は「うわっ」と思ったけど温めたらめちゃくちゃうまい
  • 日本酒の飲み方に「おでんの出汁で割る」のがあるけどあれに似てる
  • この酒をつまみに別の日本酒が飲める

Pink Cloud

KURAND春のSAKEまつり

 「KURAND 春のSAKEまつり」限定で造られた新商品。桜のような薄いピンク色の春らしい日本酒です。さわやか。淡麗甘口の軽やかな味わいで天気のいい日の昼間から飲みたくなる味です(昼から飲みたいだけの人間)。

他のねとらぼ編集部員の感想

  • ほのかな甘酸っぱさがいい。「飲む春」って感じ
  • アルコール度数13%あるのに飲みやすい
  • 花見で飲むために作られたような酒

はるほたる

KURAND春のSAKEまつり

 こちらも「KURAND 春のSAKEまつり」限定品で桜をイメージした春のお酒。にごり酒なので一転して濃厚な舌触りが楽しめます。低温加熱によりびんの中でも発酵が続いているため、発泡のシュワシュワ感があったり時間とともに色味が変わっていったりするのも楽しい。

他のねとらぼ編集部員の感想

  • 「天一」のスープみたいにとろっとしてるのに甘酸っぱい味がするのが面白い
  • いちごヨーグルトを酒にしたらこんな感じ
  • にごり酒苦手だったのにこれは飲んでるうちにどんどん飲みたくなってくる

極甘活性にごり酒「せとうち甘濁」

KURAND春のSAKEまつり

 にごり酒の中でもインパクト強めなのがこの「せとうち甘濁」。こちらも「KURAND 春のSAKEまつり」限定で手に入る新商品です。加熱をせずに酵母菌が生きたままびん詰めする「活性にごり酒」で、発酵による炭酸ガスが発生。強烈な炭酸感と超濃厚な甘口でガツンときます。

他のねとらぼ編集部員の感想

  • とろとろなのにめっちゃシュワシュワする。泡を飲んでるみたい
  • めちゃくちゃ甘い飲むヨーグルト感
  • 韓国料理とか辛い料理に合いそう

北条不知火のお酒

KURAND春のSAKEまつり

 先ほどの「玉津ブラッドオレンジのお酒」と同タイプのフルーツ感全開のお酒。愛媛県北条のみかん「不知火」を使っており、やっぱり「これホントに酒なの?」ってくらいおいしいジュース感があります。愛媛のみかんは世界一なので当然だと言えるでしょう。

他のねとらぼ編集部員の感想

  • 完全につぶつぶオレンジ。ジュースのおいしいやつを突き詰めるとこれになる
  • 他の酒で割ったりソーダで割ったりしてもおいしそう
  • 飲みやすすぎて気付いたら泥酔してるやつ。酒飲みに教えちゃいけない酒

mum×mum

KURAND春のSAKEまつり

 ついに来ました。このお酒こそ5600円のプレミアム酒「mum×mum」です。「KURAND 春のSAKEまつり」の中でも高単価の1品、いわゆる酒ガチャSSRです。KURANDさん本当にありがとうございます。

 こちらは天然発泡による純米大吟醸のスパークリング日本酒。アルコール度数7%の淡麗甘口で、食前酒から締めの一杯までどんな場面にも合います。味? めちゃくちゃうまいに決まってるでしょうが!

他のねとらぼ編集部員の感想

  • こんな上品な日本酒があるなんて知らなかった
  • いい意味で日本酒らしくない、日本酒の新境地を見た
  • いい酒が飲めたのでねとらぼに入ってよかったと思った

「KURAND 春のSAKEまつり」で酒ガチャを引こう!

KURAND春のSAKEまつり

 「KURAND 春のSAKEまつり」の注文受付期間は4月1日から4月29日まで。同梱本数や種類が異なる5つのプラン(社長、部長、次長、課長、店長)が用意されており、中身がランダムな「酒ガチャ」になっています。中身によっては最大で25〜45%OFFになるお買い得商品です。その他詳細は公式サイトにて。

 「酒ガチャ」は全て数量限定。昨年も予定より2週間早く完売してしまった人気企画なので、お早めにチェックすることをオススメします!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」

提供:リカー・イノベーション株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2020年4月9日