ニュース
» 2020年04月03日 11時19分 公開

トルクマシマシで燃料代も節約! BMW 1シリーズに「クリーンディーゼル」搭載の新モデル (1/2)

FFになった3代目1シリーズに新エンジンが追加〜。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 ビー・エム・ダブリュー(以下、BMW)は、小型ハッチバック「1シリーズ」にクリーンディーゼルエンジンを搭載した新モデル「118d」を発売しました。価格は385万円(税込、以下同)からです。

BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズの新モデル「118d」(写真:BMW、以下同)

 1シリーズは、BMWのエントリーモデルと位置付けるハッチバックです。2代目まではCセグメントハッチバックとしては希少なFR(フロントエンジン・リアドライブ)車として知られていましたが、2019年にフルモデルチェンジした3代目(F40型/関連記事)では駆動系を刷新し、FF(フロントエンジン・フロントドライブ)に方針転換。FF車特有のアンダーステアを抑える「タイヤスリップ・コントロール・システム」などの機能によって、伝統のFRから脱しながらもBMWらしいキビキビした走りをキープするとしています。

BMW 1シリーズ クリーンディーゼル (参考)高性能仕様の「M135i xDrive」

 2019年秋の発売当初、日本仕様モデルは1.5リッター直列3気筒(118iなどに搭載)と2リッター直列4気筒(M135i xDriveに搭載)のガソリンエンジンのみでした。今回追加された「118d」は2リッター直列4気筒のクリーンディーゼルエンジンを搭載します。リッター16.7キロ(WLTC基準)にて、“新型1シリーズで一番燃費性能のいいエンジン”を搭載します。

 また、ディーゼルエンジンならではの低回転からの強力なトルクも魅力です。ガソリンエンジン使用の118iは最大トルクは22.4kgf-m(220Nm)ですが、118dは1750〜2500回転の低回転域で35.7kgf-m(350Nm)を発生します。力強い加速をするエンジンを生かして、よりスポーティーな「M Sport」グレードも用意します。

BMW 1シリーズ クリーンディーゼル (参考)M135i xDrive

フォトギャラリー

BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ クリーンディーゼル BMW 1シリーズ BMW 1シリーズ BMW 1シリーズ BMW 1シリーズ BMW 1シリーズ BMW 1シリーズ BMW 1シリーズ BMW 1シリーズ BMW 1シリーズ BMW 1シリーズ BMW 1シリーズ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.