ニュース
» 2020年04月06日 18時15分 公開

「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」再び公開延期へ 新型コロナの影響で

延期後の公開日は決定次第公式サイトや公式SNSで伝えるとのこと。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 4月24日に劇場公開予定だった「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い公開を延期すると製作委員会が4月6日に発表しました。延期後の公開日はまだ明かされておらず、決定次第公式サイトや公式SNSで伝えるとしています。

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 延期 公開 4月24日に劇場公開予定だった「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が公開延期

 京都アニメーションが制作を手掛ける同作は、“自動手記人形”と呼ばれる代筆屋の少女の成長を描く物語で、暁佳奈さんによる日本のライトノベルが原作。2018年1月にテレビアニメが放送され、完全新作となる「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は当初2020年1月公開予定でしたが、京都アニメーション放火殺人事件の影響もあり、2020年4月24日公開予定で進められていました。

 製作委員会は、映画本編は既に完成目前で、公開に向けて進めていたものの、日本国内における新型コロナウイルス感染症拡大に伴う日本政府による発表を受け、公開延期を決定したと報告。なお、購入済みの前売券ムビチケカードは、延期後の上演でも利用できるとしています。

同日公開された特報第2弾

 再延期について製作委員会は、「大変心苦しい限りではございますが、スタッフ一同並々ならぬ思いを持って作り上げた作品」だとし、「公開がかないました折には、どうぞ皆様お誘いあわせの上、ご鑑賞頂けますと幸いです」と呼び掛けています。

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 延期 公開 「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」キービジュアル

(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.