ニュース
» 2020年04月06日 19時45分 公開

「つながれる場所が欲しい」 演歌歌手・水森かおりがYouTube&Twitter開設、新型コロナで決意

テーマは「裏・水森かおり」。Twitterのヘッダー画像がかわいい。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 「ご当地ソングの女王」の異名でも知られる演歌歌手の水森かおりさんが4月6日、YouTube公式チャンネル「水森かおりチャンネル」と公式Twitterを開設。新型コロナの影響でファンとつながれる場所がなくなったことを明かしています。

水森かおり YouTube Twitter 水森かおりチャンネル ご当地ソングの女王 演歌界の大物がYouTube開設(以下、画像は水森かおり、YouTubeはじめました!から)

水森かおり、YouTubeはじめました!

 1995年デビューの水森さんは、2003年リリースの「鳥取砂丘」でブレーク。その後リリースした楽曲は全てオリコン週間シングルランキングTOP10入りを果たし、女性演歌歌手として歴代1位の記録を更新中での若きレジェンドです。

 デビュー25周年に当たる2020年は、2月18日にシングル「瀬戸内 小豆島」をリリース。こちらもオリコンランキングで初週4位となり自らの記録を更新していますが、足元に目を向けると新型コロナウイルスの影響で2月28日以降のキャンペーンやコンサートは全て中止/延期に。3月は一度もファンの前で歌う機会がなかったと明かしています。

水森かおり YouTube Twitter 水森かおりチャンネル ご当地ソングの女王 新型コロナの影響でファンの前で歌う機会がなくなったことを報告

 そうした状況下で、「いつも応援してくださるファンの皆さんと少しでもつながれる場所がほしい」「外出自粛や活動範囲も狭まり刻々と状況が変わる今、皆さんの心が明るくなったり軽くなるお手伝いが出来るようなツールになったら」と考え、YouTubeチャンネル開設を決意したとのこと。現在はあいさつ動画と「瀬戸内 小豆島」のミュージックビデオをフルサイズで初公開していますが、「裏・水森かおり」をテーマに、歌はもちろん、楽屋風景の様子などありのままの水森かおりを見せていくとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた