ニュース
» 2020年04月06日 19時45分 公開

「つながれる場所が欲しい」 演歌歌手・水森かおりがYouTube&Twitter開設、新型コロナで決意

テーマは「裏・水森かおり」。Twitterのヘッダー画像がかわいい。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 「ご当地ソングの女王」の異名でも知られる演歌歌手の水森かおりさんが4月6日、YouTube公式チャンネル「水森かおりチャンネル」と公式Twitterを開設。新型コロナの影響でファンとつながれる場所がなくなったことを明かしています。

水森かおり YouTube Twitter 水森かおりチャンネル ご当地ソングの女王 演歌界の大物がYouTube開設(以下、画像は水森かおり、YouTubeはじめました!から)

水森かおり、YouTubeはじめました!

 1995年デビューの水森さんは、2003年リリースの「鳥取砂丘」でブレーク。その後リリースした楽曲は全てオリコン週間シングルランキングTOP10入りを果たし、女性演歌歌手として歴代1位の記録を更新中での若きレジェンドです。

 デビュー25周年に当たる2020年は、2月18日にシングル「瀬戸内 小豆島」をリリース。こちらもオリコンランキングで初週4位となり自らの記録を更新していますが、足元に目を向けると新型コロナウイルスの影響で2月28日以降のキャンペーンやコンサートは全て中止/延期に。3月は一度もファンの前で歌う機会がなかったと明かしています。

水森かおり YouTube Twitter 水森かおりチャンネル ご当地ソングの女王 新型コロナの影響でファンの前で歌う機会がなくなったことを報告

 そうした状況下で、「いつも応援してくださるファンの皆さんと少しでもつながれる場所がほしい」「外出自粛や活動範囲も狭まり刻々と状況が変わる今、皆さんの心が明るくなったり軽くなるお手伝いが出来るようなツールになったら」と考え、YouTubeチャンネル開設を決意したとのこと。現在はあいさつ動画と「瀬戸内 小豆島」のミュージックビデオをフルサイズで初公開していますが、「裏・水森かおり」をテーマに、歌はもちろん、楽屋風景の様子などありのままの水森かおりを見せていくとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン