ニュース
» 2020年04月08日 23時31分 公開

ランサーズ、一部で指摘された“工作疑惑”について「一切ございません」と否定 今後同様のデマには法的措置も

「安倍の声聞いたら元気出た」といったツイートが“世論操作ではないか”と話題になっていました。

[ねとらぼ]

 ランサーズは4月8日、一部ネットユーザーの間でうわさされていた“工作疑惑”について、「そのような事実は一切ございません」と否定するコメントを発表しました。併せて、今後はこうしたデマについて、刑事告訴も含めた「断固たる措置」を講じていくとしています。


ランサーズ 疑惑否定 一部ソーシャルメディアでの発信及び事実無根の記載に対する今後の法的対応等について

 発端となったのは、4月7日19時すぎごろから次々と「安倍のインスタライブ見てるナウ〜」「コロナこわいけどぉ、安倍の声聞いたら元気出た」といった同一文面のツイートが投稿されはじめたこと(Yahoo!リアルタイム検索)。一連のツイートは、使用されている絵文字も含めて一字一句同じ文面で、しばらくするとネット上では「これがランサーズかな」「ランサーズさん…」など、“ランサーズが世論操作のためにこれらのツイートを一斉投稿させているのでは”――と疑う声が浮上。この件を取り上げたまとめサイトの中には、「ランサーズ=ネット工作請負企業」と説明しているサイトもありました。


ランサーズ 疑惑否定 問題となっていたツイート群(Yahoo!リアルタイム検索より/画像加工は編集部によるもの)

ランサーズ 疑惑否定 最初に投稿されたとみられるツイート(画像加工は編集部によるもの)

 コメントの中で、ランサーズはこうした疑惑について「事実無根の記載(デマ)」ときっぱりと否定。政治関連の仕事依頼やステルスマーケティングについては利用規約で禁止しているほか、規約に違反する案件や同社が不適切と判断した案件については即時掲載を中断していると説明しています。

 また今後の対応については、サービスに関して誤解を与える可能性が高く、また風評被害も発生していることから、「刑事告訴並びに裁判上の手続も含めた法的対応等の断固たる措置を講じていく」とのこと。


追記:ツイート投稿者に取材しました

 最初のツイートを投稿した人たちに取材し、別途記事化しました。投稿者らによると、「いわゆる『おじさん構文』をコピペしあう、身内同士での“遊び”が広がった結果、思わぬ騒動になった」とのことです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」