ニュース
» 2020年04月08日 23時31分 公開

ランサーズ、一部で指摘された“工作疑惑”について「一切ございません」と否定 今後同様のデマには法的措置も

「安倍の声聞いたら元気出た」といったツイートが“世論操作ではないか”と話題になっていました。

[ねとらぼ]

 ランサーズは4月8日、一部ネットユーザーの間でうわさされていた“工作疑惑”について、「そのような事実は一切ございません」と否定するコメントを発表しました。併せて、今後はこうしたデマについて、刑事告訴も含めた「断固たる措置」を講じていくとしています。


ランサーズ 疑惑否定 一部ソーシャルメディアでの発信及び事実無根の記載に対する今後の法的対応等について

 発端となったのは、4月7日19時すぎごろから次々と「安倍のインスタライブ見てるナウ〜」「コロナこわいけどぉ、安倍の声聞いたら元気出た」といった同一文面のツイートが投稿されはじめたこと(Yahoo!リアルタイム検索)。一連のツイートは、使用されている絵文字も含めて一字一句同じ文面で、しばらくするとネット上では「これがランサーズかな」「ランサーズさん…」など、“ランサーズが世論操作のためにこれらのツイートを一斉投稿させているのでは”――と疑う声が浮上。この件を取り上げたまとめサイトの中には、「ランサーズ=ネット工作請負企業」と説明しているサイトもありました。


ランサーズ 疑惑否定 問題となっていたツイート群(Yahoo!リアルタイム検索より/画像加工は編集部によるもの)

ランサーズ 疑惑否定 最初に投稿されたとみられるツイート(画像加工は編集部によるもの)

 コメントの中で、ランサーズはこうした疑惑について「事実無根の記載(デマ)」ときっぱりと否定。政治関連の仕事依頼やステルスマーケティングについては利用規約で禁止しているほか、規約に違反する案件や同社が不適切と判断した案件については即時掲載を中断していると説明しています。

 また今後の対応については、サービスに関して誤解を与える可能性が高く、また風評被害も発生していることから、「刑事告訴並びに裁判上の手続も含めた法的対応等の断固たる措置を講じていく」とのこと。


追記:ツイート投稿者に取材しました

 最初のツイートを投稿した人たちに取材し、別途記事化しました。投稿者らによると、「いわゆる『おじさん構文』をコピペしあう、身内同士での“遊び”が広がった結果、思わぬ騒動になった」とのことです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた