ニュース
» 2020年04月09日 14時08分 公開

「妻が戻ってきました」 森三中・大島美幸、コロナ濃厚接触者の観察期間を終える 夫・鈴木おさむが報告(1/2 ページ)

感染してないようで安心した。

[深戸進路,ねとらぼ]

 放送作家の鈴木おさむさんが4月8日、妻でお笑いトリオ「森三中」の大島美幸さんが新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者としての観察期間を終えたことをInstagramで報告しました。

大島美幸 黒沢かずこ 新型コロナウイルス 陽性 濃厚接触者 家族 鈴木おさむ 森三中 観察期間中、一瞬だけマスクを外してケーキを食べる大島さん(画像は鈴木おさむInstagramから)

 相方である黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染し、濃厚接触者として自宅待機を続けていた大島さん(関連記事)。観察期間が終わった同日までは家庭内でマスクを着け、食事も別で取るなどの感染防止の工夫を施しており、鈴木さんは「今日の夕方に妻の濃厚接触者としての保健所の観察期間が終わりました。黒沢と最後に会ってから二週間となります」「妻がキッチンに戻ってきました。お野菜たくさん! お帰りなさい!」など神経をすり減らす日々が一段落したことを報告しています。

 濃厚接触者の家族として過ごした数日間を振り返り、「妻が濃厚接触者となってから、自分の中でも考えかたがかわりました。景色もかわりました。1カ月たって、日本の感染者が減るには、本当に一人ずつの意識が一番の武器なんだなと!」と意識が一変したことを明かした鈴木さん。ファンに向けては、「よく寝て、食べて、1日を大切に慎重に!」と免疫力アップや感染防止策を講じるように呼び掛けています。

大島美幸 黒沢かずこ 新型コロナウイルス 陽性 濃厚接触者 家族 鈴木おさむ 森三中 観察期間中は家族と別れて食事を取っていた大島さん(画像は鈴木おさむInstagramから)

 ファンからは、「よかった…ほんとによかった」「ひとまず安心ですね。心配してました」「おさむさん、お疲れ様でした!」など安堵(あんど)の声が続々。また、鈴木さんは観察期間中に大島さんの様子を伝える投稿を多くしており、「ほんとのコロナの怖さを勉強させてもらいました」「おさむさんの発信が、たくさんの人の意識付けになったと思います。濃厚接触者の家庭内の状況がわかりました」など未知なる状況の実態を伝える役割もしっかりと果たしたようでした。

大島美幸 黒沢かずこ 新型コロナウイルス 陽性 濃厚接触者 家族 鈴木おさむ 森三中 家族ショット(画像は鈴木おさむInstagramから)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声